« 3月18日TOEIC公開テスト結果をみて、まだまだ努力が必要だと思いました | トップページ | 世の中素晴らしい人たちばかりです »

2012年5月 8日 (火)

XiのWi-Fiルーター、電池が不満ですが便利です

1か月以上前の話になりますが、ついにデータ専用端末、XiのWi-Fiルーターを買ってしまいました。

買ったのはBF-01Dです。

1か月以上使ってみて、やはり電池の持ちがいまいちな点はいかんともしがたくて、なるべく早く改良してほしいと思いました。でも、街中でいざというときにスタバやセブンイレブンを探す手間が省けるのはやはり便利です。

以前より、スマホがほしい、スマホにしたい、できればドコモで。iPhoneでなくてもかまわない、というかドコモから通信会社を変えてまでiPhoneにはしたくない、と思ってました。

ですが、発売されるドコモのスマートフォンを比べてみて、どうしても今すぐにでも乗り換えたい、と思えるものが出てきません。

それは、おサイフケータイ機能の各種アプリの移行などがかなり面倒である点にも原因があります。

さらに、以前より、iOS端末としてiPod Touchを利用していました。これが、ほとんどのiPhoneアプリが利用できるため、いろんなアプリがたまってしまい、改めてアンドロイドで買いなおすのも面倒、と思えるくらいになってしまいました。

結局のところ、スマホではなく、データ専用端末を選んでしまいました。

データ端末を持っておけば、今後はそれをパソコン、タブレットPCなどにつなげばよいことになります。あくまでデータの通り道としての利用ですから、BF-01Dを別なものに買い替える必要はほとんどない、気がします。

もし、買い替えがあるとすれば、使い方が変わる、ということになると思います。

BF-01Dの売りは、Xi、FOMA、無線LAN、有線LANの4回線に接続が可能だ、という点です。

実は私は、あまりFOMAやXiでデータ通信したくないと思ってました。パケット代の節約を心掛けたい、というのが大きな理由ですが、報道などなされているとおり、携帯電話のスマホ移行が進んでいて、データ通信量増大が問題になりつつあります。アクセス不良の一端を担うことになるのがイヤでした。

なので、可能ならば、公衆無線LANスポットを渡り歩くような感じで、Wi-Fiのみのタブレット端末(私の場合はiPod Touch)の利用で済ませたい、と思ってました。

現実問題は、特に地方への移動がある場合は、それもままなりません。

なので、せめて必要な時にXiやFOMAを使い、公衆無線LANがあればそちらに自動的に切り替わるBF-01Dは、非常に魅力的に思えたのでした。

実際に買ってみて、インジケータを見ながらあちこちで試しましたが、公衆無線LAN(docomoWi-Fi)のエリアになるとそちらにつながることを確認して、すばらしい、と思ったものです。

ですが、しばらく使っているうちに、やはり電池の持ち具合に不満が募りました。

体感的には、通信時間、待ち時間込みでおおむね6時間くらいしか使えません。

ポケットに入れっぱなし、電源入れっぱなしで置いておくためには、できれば20時間は持ってほしいところです。それくらい持続するなら、帰宅時にすぐ充電、翌日外出時に充電完了して持ち歩く、というサイクルが、補助バッテリーなしでできるようになります。

BF-01Dの電池の持ちが悪いのは、おそらく、Xiのせいだというのもありますが、やはり、公衆無線LANへの切り替えのさいに、余計に電気を使っているせいではないか、という推測も成り立ちます。

そもそも、公衆無線LANエリアに行けば、iPod Touchを直接つなげばよい、という話もあります。BF-01D購入以前にはそうしてました。

なので、今後しばらく使い勝手を確認し、データ端末の新商品と比較して、電池の持ちの改善具合によって、次の端末に切り替えることになるのかな、と思ってます。そして次の端末では、公衆無線LAN接続にはこだわらないことになりそうです。

電源の不満を除けば、現時点でBF-01Dはかなり満足です。場所に気兼ねなく、iPod TouchからTweetできるのは便利です。

« 3月18日TOEIC公開テスト結果をみて、まだまだ努力が必要だと思いました | トップページ | 世の中素晴らしい人たちばかりです »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。