« 夢のような連勝 | トップページ | FPフェアは、継続教育単位の稼ぎどき »

2012年6月23日 (土)

政治がおかしいので来年、衆参同時選挙を希望します

最近、私はあまりテレビを見ません。

いろいろなニュースの情報源として利用しているのは、Webのニュースサイトだったり、TwitterやグーグルプラスなどのSNS、そして紙の新聞だったりします。

ですので、もしかしたらだいぶ偏っているかもしれません。だとしても、最近の政治、各種の決定プロセスなどが本当におかしい、と感じます。

ですが、現段階での早期解散は反対です。来年、参議院選挙があるのと、衆議院議席の違憲状態が解消されていないのが理由です。ちゃんと衆議院定員の違憲状態を正したうえで、衆参両院同時に選挙をし、そのうえで新たな連立の枠組みを作ってほしいと思います。

最近、特におかしいと感じたのは、次の3つです。

・税と社会保障の一体改革、という名前倒れの消費増税最優先議論。

・違法ダウンロード等刑事罰化法案。

・大飯原発再稼働の強引な進め方。

小泉内閣時にいろいろとがんばって削った公共事業と社会保障のうち、社会保障に関しては完全にタガが外れてます。

子ども手当、年金、医療費、そして生活保護。

少子高齢化が進む前提ならば、子ども手当に回るお金は徐々に減るのかもしれませんが、団塊の世代前後がどんどんリタイヤし、年金受給者が増え、医療費が増え、生活保護も増大の一途です。

民主党政権は歳出に大ナタを振るうのではないか、税金の使い方を変えてくれるのではないか、と期待されて政権を取ったはずでしたが、いざふたを開けてみると歳出ばかりが増え、歳入が後回しになりました。

やはり、できることとできないことの選別に失敗したのでしょう。だから歳入を増やすしかないと思い込んでしまった。いつの間にやら、消費税増税が悲願の政権になってしまいました。

消費税増に命を懸けてしまったがために、野党に付け込まれてます。

与党はまず消費税増税が通ればいいと思っているので、社会保障の現状維持という野党案を飲みました。国民会議で丁寧に議論する、という建前のもとに先送りです。

野党案を飲んでしまったのは、ほかにもあります。著作権法が改正され、違法にアップロードされたと知りながらコンテンツをパソコンなどでダウンロードすると罪に問われることになりました。場合によっては逮捕されます。

私自身は、この著作権法改正による違法ダウンロード刑事罰化にはちょっと期待したい部分があります。違法でないコンテンツがしっかり、正規のネットショップに分け隔てなく発売されるようになればいいと思ってます。

具体的は、ジャニーズのタレントが出演する過去の映像作品の正式コンテンツが、ネットで買えるようになる。
これまでiTunesで提供されなかった、ジャニーズやサザンオールスターズ、ミスターチルドレンの旧譜が買えるようになる。ソニー系列のコンテンツもしかり。

でなければ、今後、CDやDVDメディアは一気に衰退するでしょう。面倒に巻き込まれたくないからです。

大飯原発の再稼働に関しては、私の意見は保留です。電気の安定供給のほうが大切です。

ただ、関西電力が、去年の震災以降、1年以上の期間があったのに、原発ゼロを前提とした電力供給計画を立てることができなかった点に関して、怠慢だろうと感じています。

政府としても、菅政権のときには原発を止める要請をしておきながら、首相が変わればまさに朝令暮改。

原発反対に対する世論を利用するのか無視するのかブレブレです。でも、菅政権が変わって今の政権があるのですから、原発反対はマイノリティ扱いなのでしょう。

野党は、消費税増税案に現段階では協力するのでしょう。与党内でいくら反対があっても、おそらく可決するのでしょう。もともとのマニュフェストを作った一派が、多くを実現できずに離党する、のかもしれません。

野党は、消費増税が実現したら、衆議院の早期解散を望みそうですが、ちょっと待ってくれ、と思います。

小泉政権が終わり、安倍政権となった翌年の参議院選でねじれ国会となり、それ以降政治が大変なことになっているのを忘れてもらっては困ります。

今の政権がだらしないのも、去年の参議院選で野党が勝ってしまい、ねじれが続いてしまったのがそもそもの原因とも考えられます。

しかも、現在の衆議院は、最高裁から議席定数が違憲状態であると認定され、その定数改正が済んでいません。定数改正が済んでいない状態で選挙をするのはおかしいです。

仮に、定数改正が超特急で行われるとして、次の衆議院選を今年中に行うと、また1年後の参議院選で「二度あることは三度ある」になる懸念が非常に高いです。

もちろん、衆議院はある程度自由に解散できるので、1年弱でもう一回選挙をするということもありなのでしょうが、明らかに無駄です。

ならば、過去6年くらいの総決算として、来年、衆参同時選挙で済ませてしまったほうがいいのでは、というのが私の思っていることです。

そして、その次の参議院選挙までの3年間で、同時選挙で組んだ連立政権により、じっくり社会保障を作り直してほしいと思います。

« 夢のような連勝 | トップページ | FPフェアは、継続教育単位の稼ぎどき »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。