« 予想が外れて年内選挙です | トップページ | 衆議院選挙は自民党の圧勝でした »

2012年11月26日 (月)

今年のレコード大賞予想は難しそう

年末のレコード大賞候補曲、最優秀新人賞候補歌手が発表されました。

かなり確度が高い「ゆかしメディア」の記事が出る前に(今年も出るかわかりませんが)、私の予想を書いてみたいと思います。

【レコード大賞予想】
本命(本音対抗):「真夏のSounds good!」AKB48
対抗(本音本命):「風が吹いている」いきものがかり
注意:「やさしくなりたい」斉藤和義
大穴:「GO FOR IT!!」西野カナ

【最優秀新人賞予想】
本命:家入レオ
対抗:臼澤みさき

正直、今年の予想は難しいです。数年前の自分から考えられないくらい、普段のJ-POPや流行歌を聞いていない、ということに愕然とします。

びっくりなのは、全部の曲がYoutubeで聞けるということ。当然、公式、非公式まじってますし、フルコーラスでない動画もあります。なるべく公式動画から選択してます。一部怪しいのは、見られるうちに見ておけという感じです。

【優秀作品賞】

「ありがとう」JUJU
「風が吹いている」いきものがかり
「GO FOR IT!!」西野カナ
「櫻」氷川きよし
「酒のやど」香西かおり
「777 ~We can sing a song!~」AAA
「花火」三代目 J Soul Brothers
「White Angel」Fairies
「真夏のSounds good!」AKB48
「やさしくなりたい」斉藤和義
(作品名50音順)

【新人賞】

家入レオ
臼澤みさき
小野恵令奈
ティーナ・カリーナ

本音レベルでは、今年のAKB48の大賞受賞はない、と思います。なぜなら、受賞曲が「真夏の~」ならば、メインボーカルの前田さんが卒業してるからです。「ギンガムチェック」や「UZA」ならば、2年連続受賞はありでしょう。

純粋にCD売り上げに一番貢献しているから、というのを重視するなら、AKB48の連続受賞になります。

でも、浜崎あゆみさんの3年連続とか、EXILEの3年連続みたいに、同じ歌手の受賞が続きがちなのには、できるだけ歯止めをかけていただきたい、という気持ちもあります。

そこで、他の歌手にレコード大賞を取ってほしい歌手がいるか、と見渡せば、いました。

いきものがかりは特に、ここ数年安定したクオリティの楽曲を発表し続けてます。そろそろ大賞に手が届いてもいいんじゃないでしょうか。今年の、NHK五輪テーマソングは、特にいい曲です。

斉藤和義さんは、昨年大ヒットしたドラマ「家政婦のミタ」のテーマソングをひっさげての登場。TBSからすれば他局のドラマという点がネックでしょうが、歌手活動20年の節目とか、2度目の優秀作品賞とか、彼でもいい要素もあります。

というわけで、いきものがかり、か、斉藤和義さん、この二組にすごく注目しています。

西野カナさん、着うた女王が取れば、ある意味エポックメイクな受賞になりますが、かなり確率が低そうなので大穴扱いです。

新人賞は、正直、先入観なしに全員をYouTubeで聞いたら、小野さん以外ならだれもが選ばれうると思いました。私のアンテナでは家入レオさんですが、臼澤さんもティーナさんも捨てがたいです。

以上です。12月30日の発表が楽しみです。

« 予想が外れて年内選挙です | トップページ | 衆議院選挙は自民党の圧勝でした »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。