« 今年のレコード大賞予想は難しそう | トップページ | 【12/31まで割引】実務家FP向けカンファレンスに参加しませんか? »

2012年12月17日 (月)

衆議院選挙は自民党の圧勝でした

12月16日、衆議院総選挙が行われ、開票の結果、自民党が圧勝。連立政権を組む予定の公明党と合わせて、325議席を確保しました。いざとなれば3分の2議決を利用できる安定多数となりました。

来週、クリスマス後くらいに国会が召集され、新しい首相が選ばれ、即時に内閣が組閣されると思います。

それにしても、小選挙区制とは、かくも結果が大きく振れる選挙制度なのだな、と改めて思いました。

詳しい選挙結果は、ニュースサイトなどを見ていただくとして。

ヤフーみんなの政治:衆議院選挙2012
朝日新聞:第46回総選挙
日本経済新聞:衆議院2012

小泉元首相のときの2005年が自民圧勝。前回2009年が民主圧勝で政権交代。そして今回は、民主には任せられない雰囲気と、かつ、第3極が分立してしまったことによる有権者の迷いが、自民党の圧勝という結果になったのかと思われます。なお、公明党はいつもどおりでしたが、投票率が相対的に下がったため、議席を伸ばせたと推測されます。

ただ、これは私も感じますが、今回の自民党勝利は、小泉郵政解散のときのような、ガチ支持、というものではないでしょう。

比例区の議席獲得数を見ると、自民党の得票率は必ずしも伸びていません。そして、日本維新の会が大躍進しています。さらに、みんなの党の存在感も高くなりつつあります。

正直、私としては、大阪が中心の日本維新の会には、あまり親近感がありません。石原元都知事と橋下大阪市長が本当にうまくやっていけるのかも少し心配です。それを乗り越えたら、もしかしたら次回総選挙では、比較第2位政党に躍進する可能性もありますが、今のところはその可能性は低いと感じます。

民主党がずるずるとだらしないままだったら、あっさり維新の会が第2党になりそうですが。

むしろ、渡辺党首のみんなの党が、第3極分離集合の波に揉まれて離党者などを出した後で、勢力を回復できたのがすばらしい成果だったように思います。ぶれない政党として、政策ごとに判断する戦略だそうですが、こういう党に、もうすこし伸びてほしい気がしました。

日本未来の党は、ほぼ惨敗といえる結果でした。共産党はほぼ前回同様ですが、投票率減を生かせませんでした。

新党大地は微妙ですが、北海道のみの地盤で、比例で1議席を確保したのは立派です。ただ、ここまでの政党でしょう。鈴木宗男氏が復活すればどうなることか?

社民党も比例区で1議席を確保しましたが、こちらは本当に風前の灯ですね。

そのほか、国民新党は1議席確保してますが、比例では確保できず。

議席を確保できなかった政党は、論外でしょう。

ダラダラした雰囲気になりましたが、獲得議席数ほど、自民党の圧倒的勝利には思えないのが本音です。

今回は自民党の政権奪回となりましたが、新しい政権での成果は急がねばなりません。半年後に参議院選挙がありますし、4年後はおそらく今度こそ衆参同時選挙でしょう。それとも、わざとずらして解散しますかね?

民主党もそうでしたし、小泉さんが首相を辞めた後の自民党もそうでした。圧倒的議席があるうちは解散したがらない。なので、今回も、次の解散は任期満了に近くなる、と思われます。

選挙制度により、わずかな差でも議席に大差がつく現状の選挙制度は、議員数削減時に一気に制度変更も考えたほうがいいかもしれません。

« 今年のレコード大賞予想は難しそう | トップページ | 【12/31まで割引】実務家FP向けカンファレンスに参加しませんか? »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。