« FP協会が大成功した理由がわかった | トップページ | いまどきFOMAからFOMAへ機種変更した人の備忘録(2) »

2013年5月28日 (火)

いまどきFOMAからFOMAへ機種変更した人の備忘録(1)

結論から言いますと、iPodTouchで音楽が聞けてWebサイトが見られてパズドラができれば十分である、と思ったので、Androidスマホデビューを見送りました。

今回、携帯電話P-01Aから、携帯電話F-01Eに機種変更しました。いろいろと困ったこと、対処したことなど備忘録として残しておくことにしました。

私自身、2年前くらいから、スマホに変えたい、いつ変えようか、と思い続けてきました。しかし、現状のドコモがツートップとして押しているエクスペリアとギャラクシーをもってしても、「今でしょ!」と背中を押してくれるものにはなりませんでした。

私自身のモバイル環境のスペックですが。

機種変更前の機種は、P-01Aです。これを使って4年1か月になります。

4年前、初めてプライベートで海外旅行に行くことになり、その時に、海外に持って行ってもそのまま使えるから、という理由で買い替えました。秋にはたまたまFP関連の催しで海外に出かけることになり、改めて海外でそのまま使えるのが便利だなと思いました。

携帯電話では、一時期グリーの釣りスタにはまりましたが、それ以外はネット関連はiモードメールのみ。携帯電話の利用は通話は当然として、おサイフケータイ、目覚ましアラーム、そして、ごくたまにワンセグを見る、という状況でした。

のちに、iPod Touch(第4世代)を購入。自宅がフレッツ光であり、これにWi-Fi親機をつないだので、ちょっとしたPCメール閲覧やWeb閲覧、ゲームなどはiPod Touchでするようになりました。また、docomoWi-Fiの設定も済ませ、電波を探してはそこでメール確認するなどが日課になりました。正直、ノートPCはほとんど使わなくなりました。日常の書類作成はデスクトップPCですけど。

さらに、昨年、ついにXi対応のWi-Fiルーター、BF-01Dを購入。携帯電話とWi-Fiルーターの2台持ち状態になってます。

よって、電話はP-01A、アプリやネット関連はiPod TouchとWi-Fiルーターという具合に、うまくすみ分けられてる状態です。

しかし、さすがに携帯電話を4年も使い続けて、ボディがかなりボロボロになってきました。Xi対応のガラケーも当面出そうにないことから、ここらで「最後のFOMA携帯電話」を買っておこうと思うようになりました。

では、何を買うべきか。P-01Aから進歩がなければつまらないです。P-01Aにない機能として注目したのが「アクセスポイントモード」です。

これ、要するにテザリング機能です。テザリングといえばXi対応スマホのほうが有名ですが、FOMAでもハイスピードモードならば意外と使えるのではないか、と思ったのです。

というわけで、アクセスポイントモードが利用できる携帯電話として、現段階で入手可能なものとして、F-05Eが一択ともいえる選択肢になったのでした。

ドコモショップに、マイドコモからF-05Eを予約し、約2日ほど待って、入荷の連絡メールが届きます。

さて、4年前位にも大変な思いをした、おサイフケータイの引っ越しですが、なるべく事前に情報を仕入れてぬかりなくやるつもりでしたが、結論を言うとかなりしくじりました。

現段階で、SuicaとEdyは無事に移行が終了して使えます。ANAのモバイルアプリもあっさり終わりました。

そのほか、まだ現在進行形なので、(完了するまで約2週間かかる)、終わったら改めてご報告します。

« FP協会が大成功した理由がわかった | トップページ | いまどきFOMAからFOMAへ機種変更した人の備忘録(2) »

クレカ&電子マネー」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。