« 【緊急出版】NISAの本、出版しました | トップページ | 古いブログを読んでみたら人なんて簡単に変わらないと改めてわかった »

2014年4月 4日 (金)

決意表明からの、今後の方針

ブロガー宣言してから4日。まともに更新できていないのは、古い記事の見直しばかりしてるからです(・_・;;;

さて、今後自分がどういう執筆活動をするつもりなのかを、改めて書きたいと思います。具体的には、何を書きたいか、どこに書きたいか、などです。

まず、何を書きたいのか、という問題です。

私の専門分野はたしかにFP各分野であり、中でも金融資産運用、リスクマネジメントに関する蓄積が多いですが、そこに私自身が実践していること、経験したことをなるべく公開する、というのが軸になると思います。

とはいえ、日常的に興味を持っている音楽関連、テレビの話題、ゲームの話題、スポーツ関連、英語学習関連、グルメ関連、クレジットカード関連特にアメックスに関しても、だらだら書きたいという欲求もあります。

もしかしたら、FPビジネスの本音、なんてのも需要ありますかね?

そんな、なんでもありな状態を、「もっとフリーな」に込めました。

次に、どこに書きたいか、という問題です。特に、本当にブログでいいのか、という点です。

今どき、ブログに限らず、メルマガ、SNS、電子書籍など、自分の考えを発表する媒体はいくらでもあります。

では、ブログ、メルマガ、SNS、電子書籍をどう使い分けるか?

正直、Twitterなど、ショートなコメントで済んでしまうネタも多いでしょう。だから、ブロガーを宣言したものの、実際の更新頻度はTwitterが多くなりそうです。私自身、Twitterはミニブログだと思っているので、Twitterの更新がメインでもいいかも、という気持ちです。

私自身、そのほかのSNSはあまり興味がありません。現在アカウントを持っているもののうち使っているのはFacebook(友達申請制限中、フォロー受付中)、Google+(こちらはTwitterライクにゆるく活用中)くらいです。

mixiはいつ退会するかという勢いです。その他ゲーム系のモバゲー、GREEは放置です。

Facebookは身内への報告がメインになりそうですし、Google+の立ち位置は微妙です。

さて、いろんな人がTwitterでつぶやいてて、けっこうな人が連続ツイートという、一連の話題をずっとつぶやき続けるということをしてるんですが、そんな状態になりそうなとき、それはブログでやったほうがいいだろうな、と思ってます。

そして、ブログを書いたら、Twitterなど他のSNSに、更新情報を流す。

私のブログはいまのところ、コメント欄を公開しない方針なので、反響に関してはTwitter、Facebook、Google+などで探りたいと思います。

なお、反響を探るツールとして「はてな」シリーズがありますけど、ブームに乗り遅れたしそもそもまったく知らないサービスなので、なんともしがたいです。

個人ブロガーを大量に集めたニュース系サイトや、他人の記事を拝借してリンクを貼りまくるまとめ系サイトには、正直、あまり興味ないですね。

ましてや、費用を払って記事を掲載する系のサイトも面倒です。ならば、アドワーズやまぐまぐの読者獲得キャンペーンにお金を使うほうが有意義な気がします。

まとめると、ちょっとしたショートなコメントはTwitter、今回の記事みたいに長くなったらブログ。そして、その更新情報をSNSに流す、というところでしょうか?

なお、2月末日までメールマガジンをやってましたが、現在は休刊してまして、その分のリソースはブログ更新に回すつもりです。

もっと書きたいことがあったような気がしますが、だらだらしすぎるので、今日のところは以上です。

« 【緊急出版】NISAの本、出版しました | トップページ | 古いブログを読んでみたら人なんて簡単に変わらないと改めてわかった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。