« 自分が毎月分配投信を全部売却したのに1677だけは持ち続ける理由 | トップページ | 自分の弱点の一つは、並行処理ができない点 »

2014年5月24日 (土)

内藤忍氏ほか、計3名の出版記念パーティに行ってきました

2014年5月23日金曜日に開催された

水野俊哉×マネー・ヘッタ・チャン×内藤忍合同出版記念パーティ

に参加してきました。

今どき、著者がパーティを開き、一般公募で集客する以上、直接話を聞けるチャンスには足を運ぶべきだと思います。私も、4月以降の自身の活動方針変更を踏まえて、なるべく外に出て、注目したい著者を直接見るようにするつもりです。

で、今回は1年以上前に「海外資産運用教育協会」の件ではかなり大きなご迷惑をおかけした、内藤忍氏からの紹介(フェイスブックのタイムライン経由)でこちらのパーティを知ったのですが、当初パーティについて聞いたとき、「内藤氏を差し置いて前に名前が挙がっている水野氏、マネー・ヘッタ・チャン氏とは何者だろうか?」と思うくらいに情報が疎かったです。

また、会場がポプラ社で、「出版社内でパーティ??? どんなだ???」とも思ってたものです。

楽しみと不安が半々な状態で会場に向かいました。以下、覚えている限りの渾身のレポートをお届けします。

まず、会場の印象ですが、これ絶対出版社じゃないよね、という豪華な雰囲気の場所でした。

帰ってから改めて調べてみると、ポプラ社は自社ビルをもち、その1階にレストランとそのレストラン用レセプションホール、2階にレストラン用個室を構えているようです。すげー。

会場には早めに到着しました。受付を済ませると、さっそく右手に内藤氏がいらっしゃったのでご挨拶。

「内藤さんの本を買いに来ました(^_^)」という呼びかけに「ごめんなさい、売れすぎて持ってくる在庫がなかったです」という驚愕なお返事。海外不動産の新書本、売れてるみたいです。そんなことなら内藤氏の昔の本でも持て来ればよかったと、少し後悔。なお、新刊は改めて買うことにしますので。

まだまだ時間があったので、他の本を拝見。もともと水野氏、マネー氏の予備知識がなく、本を買って帰るつもりだったので、いくつかを物色。山積みだった「トップ1%のサッカー選手に学ぶ成功哲学」を購入。

そして、周りの人の流れやお話の様子から、水野氏を確認。名刺交換しさっそくサインをいただきました。

平日の夕方ということもあり、パーティ開始が少々延びている間に、新たに書籍の梱包が到着。中には「みにくいアサヒるの子」が。こちらも購入。

そして、こちらも周りの人の流れや話し声の様子からマネー氏を発見。名刺交換してサインをいただきました。マネー氏は左利きなんですね。

いよいよパーティがスタート。内藤氏の高校時代の同窓生で、広告代理店勤務のヨシダ氏が司会を務めます。3人が紹介され、それぞれ挨拶。他にも、「歌舞伎町トップホストが教える シャンパンタワー交渉術」の著者の信長さん、他女性が1名(遠目に美人の、シティバンクの人? 失念)壇上に上がり、ホストの信長さんの乾杯の合図で、パーティがスタートしました。

普通に歓談し、名刺交換し、レストランのおいしいご飯を食べ、ワインを飲んで楽しみました。こちらのレストランには将来、普通に来てみたいと思いましたよ。

パーティが中盤に差し掛かり、本題の、水野氏、マネー氏、内藤氏のプレゼンがスタート。全体のテーマは「成功について」。

水野氏は、現在売出し中の本を前提として「成功するには目標を紙に書き、それを目指して行動すること」という話をされてました。

マネー氏は、「投資ではまだ成功しているとは思えないけれど、出版できたこと(しかも幻冬舎みたな会社から)は、成功だと思ってる」とおっしゃってました。

内藤氏が一番腑に落ちる具体例で「成功は自分次第」というお話をされました。曰く、「2000万円を目指した人が3000万円の資産になれば大成功。2億円を目指した人が1億円の資産のうちは成功ではない」と。

そのほか、ざっくばらんな質疑応答では、「カゲロウについて見解を」(あれは成功だったのか?)みたいな質問が出て、場所柄、妙な盛り上がりを見せました。

そのほか、書こうか書くまいか悩んで、結局封印しますけど、かなり危ない話などもありました。そんなこんなでプレゼンタイムが終了しました。

パーティの閉会が近づいてきたところで、著者のそれぞれの本のプレゼントがもらえるじゃんけん大会。内藤氏は自身の本がないので、マネー氏の本に内藤氏のサインを付けるという超レアなものをプレゼントすることに。

閉会後は、追加料金を支払った人向けの2次会に突入。2階の個室に案内されました。こちらも雰囲気が豪華!

2次会では距離が近づいた分、さらに盛り上がりました。私も水野氏に「サイトウ氏のブランディングってどうだったんですかね?」(成功だったのか? 他にやりようがあったのか)という場所柄な質問を投げてみました。水野氏は苦笑い。

おいしいワインで内藤氏が盛り上がったり、マネー氏の数々の秘密(仕込み)が明かされて盛り上がったり、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

またいつか、ご縁があればお近づきさせていただければと思いました。




【参考リンク】
水野俊哉氏
水野俊哉オフィシャルサイト
はてなダイヤリー:水野俊哉の日記
水野俊哉 公式メルマガ バックナンバー



マネー・ヘッタ・チャン氏
マネー・ヘッタ・チャン 公式サイト
Enjyuku投資日記ステーション:マネー・ヘッタ・チャンのマネーへっちゃら日記
はてなダイヤリー:マネー・ヘッタ・チャン 物語るモノガタリ



内藤忍氏
資産デザイン研究所(内藤氏が代表を務める)
一般社団法人 海外資産運用教育協会(内藤氏が代表理事を務める)
内藤忍の公式ブログ SHINOBY'S WORLD



ポプラ社
東京四谷にあるイタリアンレストラン・スペッキオ(Specchio)(ポプラ社自社ビル、HAKUYOHビルの1階、2階)

« 自分が毎月分配投信を全部売却したのに1677だけは持ち続ける理由 | トップページ | 自分の弱点の一つは、並行処理ができない点 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。