« 自分の弱点の一つは、並行処理ができない点 | トップページ | 松山英樹選手が米ツアー本格参入1年目にして初優勝達成!!! 石川選手涙目 »

2014年5月30日 (金)

大坪氏のセミナー、いい話をピックアップしてみました

大坪勇二の「オンリーワンビジネス」30日間パーフェクトマスタープログラム(セールスレターページ)

全文コピペしたいくらいです。将来おそらく、上記リンクは無くなるはずなので(無くなったら、そのときに処理します)。

大坪氏とは2009年、FPAアナハイムでご一緒して以来、緩く、細くお付き合いさせていただいています。たまに大坪氏主催のセミナーに参加したり、別件でばったりお会いしたり、書籍を買ってみたりといった感じです。

大坪氏は当時から、保険営業マン向けにいろいろコンテンツ配信をされていたのですが、今回、大坪氏が実際にやっているビジネスを全公開する、とのことなので、Webセミナーなどに参加してみました。

ちなみに、Webセミナー、当初はライブのみだったのですが、現在、上記セールスページと連動するべく録画公開されています。こちらも貴重なものになる(将来なくなる)と思います。

大坪勇二のオンリーワンビジネスの秘密(動画セミナー)

約3時間ほど時間が取れる方は、録画動画をご覧になることをお勧めします。

で、私がこれらの動画を見て、およびセールスページを読んで重要だと思ったことを、3つのポイントに絞ってお届けします。

・驚愕の事実 起業家の平均年収はなんと258万円

いや、これって本当なんでしょうか? 少なくとも私の検索能力ではウラが取れませんでした。

起業家といえば、上場会社のオーナー社長など、給与年収数億円のようなケースを想定しがちですけど、それ以外の個人事業主を含めた平均は、月収で20万円程度になるという。

サラリーマンの平均年収が約400万円だと言われてますから、これでは起業しようとしても普通の人は収入減が目に見えていて、起業したいとは思えないのが当然でしょう。

もちろん、うまくやれば大丈夫なんです、というストーリーにはなってます。


・名刺もらった人の方が、ネットでメアド登録した人より約4倍も商品を買ってくれる

これはとても意外ですし、いくつかの前提条件があります。

おそらく、ネットでメアド登録した人は多数。対面で名刺を直接もらえるのが少数であろう。

そして、対面で名刺をもらう場面も、大坪氏はかなり吟味している。当人曰く、自分のコンテンツ購入対象者は、「自己投資を怠ることのない人」がメインであり、そういう人が集まりそうな場所に自分からどんどん出向いて名刺交換している。

そして、同じ規模で売れるなら、分母が大きいほうが平均購入額が安くなるのは当然です。

もちろん、そのように戦略を間違えずに行動できればうまくいくんです、というストーリーになってます。


・AポジションよりもBポジションのほうが細く長く続けられて会員制ビジネスには有利

松田聖子がトップで居続けられたのは10年程度。一方、タモリや黒柳徹子は30年以上番組を続けられた。見るほうも何故か飽きない。これはどうしてか?

AポジションとBポジションの違いについて説明されて、Bポジションのほうは長く続けられますよ、とのことです。

Aポジションとは、カリスマ、タレント。Bポジションとは司会者、コーディネーター、セレクターのような人たちです。

Bポジションならば、自分がすごい人である必要はなくて、ほかからすごい人を見つけてきて、その人を紹介する。

本人と他の人、という組み合わせは事実上無限であり、顧客には毎回、違ったコンテンツを提供できる、というわけです。

なお、動画ではS(ato)氏が「会員制ビジネスがうまく行かない」という話をしていたのですが、動画を通してみれば明らかに失敗する方法でやってたことがわかりました。


以上、大坪氏の動画セミナーとセールスページについて、重要だと思った3点を取り上げてみました。

私自身はまだ教材は購入してませんが、ライブセミナーの最中に最低でも10件以上売れてしまったそうです。すごい。

もちろん、動画セミナーを見ただけで、自分ならどうするか、自分ならできるかも、みたいな妄想が十分膨らむものでした。

ちなみにFPって、どっちかというとAポジションの仕事なんだな、とも思いました。

自分が大坪氏の教材を買うかどうかはとりあえず保留ですが、まだ時間があるので気が変わらないとも限らないくらい迷ってる、のが本音です。


※動画公開、商品販売は終了しましたが、今のところWebページは残っていますので、リンク処理は見送ります。(2014/06/02)

« 自分の弱点の一つは、並行処理ができない点 | トップページ | 松山英樹選手が米ツアー本格参入1年目にして初優勝達成!!! 石川選手涙目 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

FPよもやま話:そのほかいろいろ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。