« 株主総会訪問記:みずほフィナンシャルグループ(8411) | トップページ | サッカーW杯日本敗退で、まだ世界の壁は厚いと痛感 »

2014年6月25日 (水)

食生活はたしかに大切だけど食べ過ぎを控えればいいだけで極論は避けたい

日本人の平均寿命はいまだに世界トップクラスであり、健康面では本当に平和な国なのではないか、と思っています。

健康は主に、日常の清潔、運動、睡眠、いざといういときの医療などにより保たれますが、一番重要なのは食事かな、と思ってます。

食事は、本人が意識して節制しないと、どうしても食べ過ぎ、飲み過ぎになります。結局のところ、食べ過ぎと飲み過ぎが、おおむねすべての生活習慣病の元なんだと思います。

最近、食品がカビるカビない、マーガリンが体に悪い、特定産地の食品は食べない、という話がTLやらメルマガなどで定期的に話題になります。

自分の結論を一言でまとめると「みなさん考えすぎ」かと思ってます。

たとえば、なかなか腐りにくいもの、カビにくいものには食品添加物が使われており、そんな食品添加物の摂取のしすぎは体に悪い、という点については、腐ったもの、カビたものを食べたほうが圧倒的に体に悪い、と私は考えます。

マーガリンが体に悪い、に関しては、これも頻度の問題かと思います。毎日の朝食が食パントーストのマーガリンばかりであれば、偏るというい意味で体に悪いです。そもそも脂っこいものはマーガリンに限らず体に悪いです。おそらくマヨネーズだってドレッシングだって体に悪いです。

東日本大震災に関連して福島の原発に不幸なことが起きました。現在も廃炉作業が進んでおり、いまだに放射能漏れに関する懸念がぬぐえません。そんなことは農家の人たちも漁業の人たちも十分承知です。流通しているものに関しては現在の基準において大丈夫であろう、という商品のはずです。子供のいる親ならば配慮の必要は感じますが、肉体の成長のピークを越えて老化に向かう立場の大人なら、気にしすぎることではないかと思います。

もちろん、そういった懸念が知識として入った以上は、どうしても気になりますが、単純に「腹八分目」を心がけるだけで十分ではないか、と思います。

話はずれますが、私の食生活について。

私自身は、20代前半から30代後半まで、肉が好き、ビールが好き、1日なるべく3食で、朝はトーストにマーガリン、夜に肉をたっぷり、という食生活でした。

以前より胆石もちで、コレステロールや尿酸値が高めでしたが、そんなの関係ないとばかりに食生活の改善はしませんでした。

が、ブログを振り返ると、2003年ごろより、下腹部痛など定期的に体調不良になっていたようです。2006年くらいには、痛風発作と思われる足の痛みを経験しています。体重も最大70キロを越えたりしてました。ちなみに身長は172センチくらい。

このころから、本格的に食生活を正そうと意識するようになりました。

2007年ごろ、「いつまでもデブと思うなよ」の本が話題になり、レコーディングダイエットを試すことからスタート。

これはのちに、半日断食(夕食以降、夜食、朝食を抜いて昼食まで食べずに過ごす)に置き換わりました。

そして、週1回、48時間のアルコール抜きを始めました。現在では飲酒は1週間のうち1~2回程度にまで減ってます。

食事の内容も、レタスをメインにしたサラダを必ず食べるようになり、加えてワカメ入り味噌汁、メカブなどなるべく取るようにしています。そして、主食のコメ、主菜の肉や魚はそれぞれ徐々に減らしてます。

運動も、意識して歩くようにしています。最寄り駅への移動は徒歩を心がけ、少なくとも毎日5000歩を歩くことにしています。ただ、よく1万歩歩くように言われますが、これを実践すると1日最低1時間30分以上は歩かねばならず、そこまでは無理していません。

上記のような食生活を徐々に心がけるようになり、2014年現在、体重はおおよそ60キロになりました。残念なのは、ここまで体重が減っても、高尿酸血、高コレステロールが変わらなかった点です。

残りの人生が何年あるかわかりませんが、健康な状態を保つために、そして、友人たちとの会食を楽しむためにも、普段はなるべく野菜を重視した粗食で済まそう、と思っています。もっとも、私の意味する粗食は、腹八分目以下の小食の意味のほうが強いです。やっぱりご飯とお肉をまったくゼロにはできませんので。

« 株主総会訪問記:みずほフィナンシャルグループ(8411) | トップページ | サッカーW杯日本敗退で、まだ世界の壁は厚いと痛感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。