« 株主総会訪問記:ネットワンシステムズ(7518) | トップページ | 株主総会訪問記:みずほフィナンシャルグループ(8411) »

2014年6月22日 (日)

株主総会訪問記:スカイマーク(9402)

※証券コードが誤っていました。修正いたします。(2015/01/30追記)

私は、NISAに関しても日本株式の購入をしています。

普段の高配当重視の日本株式運用とは異なり、毎月の予算を決めて、スクリーニングテーマを決めて、毎月1銘柄づつNISA枠で購入することを続けています。

NISA枠で買った小口投資の銘柄のうち、3月期末銘柄が2つあり、普段の銘柄よりも株主総会を見てみたい思いが強かったので、出かけてみることにしました。

6月19日は、スカイマーク(9402)の株主総会でした。本社までちょっと遠くて片道約1時間40分。

私自身は学生時代、片道約2時間40分を毎日日帰りしてたので、翌日のスケジュール次第では、片道3時間までならありとも思います。

さて、スカイマークにいくために、久しぶりに羽田モノレールに乗ったのですが。

ボーっとしながら乗ってたので、「整備場駅」と「新整備場駅」を間違えるハプニング(>_<)

駅を出る前に気づいたので、1本遅いモノレールになるだけで済みましたが。

そして、総会案内によると、スカイマーク本社は、新整備場駅から徒歩10分ということになってましたが、駅を降りると無料送迎バスの案内が。

場所柄、風景を見ながら歩いてもいいのですが、ご好意に甘えてバスを利用しました。あらかじめいうと、帰りも送迎バスを利用しました。

さて、総会がスタートしますと、西久保慎一氏が司会を務めます。あぁ、名物社長さんだった。この段階で思い出しました。

いかにスクリーニングのみで、ろくに会社を調べずに株を買ったことか(^_^;;;

決算期はなんとか増収を確保したものの、赤字。赤字の原因として3点。ひとえに円安。そして航空機A330とA380の配備遅れ。そしてLCCに一部客を奪われたこと。

特に、去年の株主総会で株主向けA380試乗会を発表済みだったのにいまだ実現せず。これに関しては古い株主からおおいに突っ込まれていました。

スカイマークは、日本航空、全日空の次を担う、格安航空会社という印象でしたが、さらに安値客を取り込むLCCの台頭で、難しい立場にあるようです。

今期以降にどのように経営を改善するのかですが、とにかくA330の3機体制をなるべく速く作る。A380の完成と配備を急ぐ。価格戦略で稼働率を上げる。そして、団体客へのアプローチをするために代理店提携を強化する、などでした。

LCCとの対決は、はっきり言って体力勝負であり、正直負けるとは思ってないようです。

そして、株主にもそのような傾向が見えましたが、リピーター客がかなりいるらしく、そのようなファンのハートをがっちりキャッチするべく、マイレージ導入なども現在検討しているとのことでした。マイレージよりも、会員制度のほうが重視されているようですが。

ところで、A380、および今後の経営計画についてですが、実は株主総会での発表が間に合わず、7月中旬までには改めて記者発表会を行う予定、とのことでした。

A380は国際線になるそうなので、就航までハードルは多いようですが、早く始まってほしいなと思いました。

ちなみに、10時スタートの総会は、手元に届いた総会招集通知を丁寧になぞる形で進行しました。これまで出席したことがある総会と比べて新鮮に感じました。他社は意外と適当に感じるので。

そして、質問が続々と続きます。基本的にはファン株主がゆるい感じの質問をするのがメインで、比較的和やかでした。当然、赤字に関してきつくあたる株主もいましたが、そんなときは西久保氏がしっかりと受けとめ、頭を下げるべきところでは頭を下げ、その上で本人も大株主であること、ちゃんと経営を立て直すという責任の取り方もあるということを毅然と述べられ、その迫力に圧倒されて拍手まで起きる、という具合でした。

まぁ、ファンが多そうな社長さんだな、と改めて思いました。

さすがに12時20分を過ぎたあたりでそろそろ打ち切って議案採決という流れになったのですが、その段階でも質問株主が途切れず。たしかになるべく多くの株主の話を聞くのもいいですが、正直おなかも空くので、終わらせなければならない、という感じの終わり方でした。まぁ、さっさと退場する人もいましたけど。

実はスカイマーク。1月にNISA枠で買った銘柄なんですが、その段階でかなり長期チャートで底練りをしていたと思われたのに、さらに一段安となってしまい(>_<) こりゃ長い付き合いになりそうだ、という思いでいます。

【参考URL】

スカイマークサイト
スカイマークIR情報
スカイマーク会社四季報ONLINE
スカイマーク日本経済新聞

【おまけ】

ちなみに、帰りの送迎バスを降りた後、目の前のビルに食堂が入ってたのでそちらで食事をしました。ただまぁ、スカイマークのあとにANAの看板がついたビルに入るのはちょっとだけ「いいのか?」と思いましたけど。




なお、23日以降も株主総会通いをするつもりです。

« 株主総会訪問記:ネットワンシステムズ(7518) | トップページ | 株主総会訪問記:みずほフィナンシャルグループ(8411) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。