« アメックスブランドが好きなんだけど仲間をなかなか増やせなくてつらい | トップページ | ロングホールドだからこそ、配当や分配がほしい »

2014年8月21日 (木)

株主総会訪問記:佐鳥電機(7420)

久しぶりに、日程上も移動距離も問題ない株主総会だったので、出席してみました。

今回は、佐鳥電機(7420)です。

ここで、私の運用方針のおさらいです。

私は、ペーパーアセットのみの国際分散投資、アセットアロケーション運用を行っています。そのうち日本株式アセットに関しては、毎月配当受け取り長期ポートフォリオ運用を行っています。

毎月配当受け取りにするために、毎月数銘柄が期末、中配を迎えるように銘柄分散をしています。そして、なるべく元本を少ない状態で配当を受け取れるよう、選択する銘柄を高配当利回りのものに集中させています。

以上の投資方針により銘柄選択をするさい、最近は、会社の業務内容とか業績とか、チャートの形とかほとんど調べることなく投資していたりします。ナンピン前提で受け取れる配当額が目標に達するまで、数回、数ヶ月かけて分散購入しています。

佐鳥電機は、5月期末銘柄の高配当銘柄のひとつで、今回配当受け取り時に増配も行われ、2013年度の純損失から2014年度は純利益転換し、いい感じなのかな、という印象です。

が、株主総会開始10分前に会場に着いたところ、少々不穏な空気に包まれていました。

礼儀正しいスタッフに案内されて席まで誘導され、一息ついたところで、ひときわ大きな声でなにやら話している老人に気がつきました。

案内を無視して、会場をうろちょろ。そして、その老人を監視するかのようにスタッフが3人、後を追っています。

時折聞こえてくるのは、経営陣への不満なのか、スタッフへの不満なのか、たまに怒気がはらむその声に、少々気分が悪くなります。

定刻になり、経営陣が入場すると、老人はなにやら顔見知りに声をかけるかのように呼びかけ、一番前に陣取ります。

会長の開会の宣言と同時に、「動議!」となりました。

動議の内容は、会長植田一敏氏の解任。本当にわけがわかりません。

当然、会長は動議に反対。会場のほかの株主も、理由がわからないので反対の意思表示。

それでも騒ぎ続ける老人。「動議の説明をさせろ」という点には同意したいところですが、明らかに進行を妨害しています。

会長は、議事進行の妨げになるとして、老人に退場を命じます。監視スタッフは7~8人に増え、取り囲むように追い出しにかかります。

さすがに暴れたりはしませんでしたが、出口付近で最後になにやら一言声を出してから、退場していきました。

株主総会のスタートにして、クライマックスだったように思います。株主出席番号1番のあの人はけっきょく何者だったのか。さっさとあしらわれたところを見ると、一般株主だったのでしょうが、ああいう感じのいざこざが、参加者300人ほどの総会で起こったことにびっくりしました。

その後の株主総会、総会後の事業説明会がスムーズに進みすぎて、あまり印象に残っていません。

いくつか重要そうなやり取りに関して、メモしておきます。

Q:(複数の株主からの質問)株主優待を期待する。
A:参考意見として検討する。
  (松本注:やる気なさそう。会場まで来た人向けにクオカード配ってるのだからこれで十分では?)

Q:配当方針に関して改めて説明してほしい。
A:安定かつ継続的な配当を目指す。配当性向は30%以上。

Q:ルネサス(6723)に依存している気がするけど大丈夫?
A:仕入先としてのルネサスのシェアは約3割。だいぶ減ったのでリスクは低くなってると思われる。

Q:会社の規模のわりにIRが足りない。
A:機関投資家向けにはしっかりやってる。個人向けには、HPを強化する方向で検討したい。


あと、先の番号1番の人以外にも、株主総会、事業説明会を通じて合計4回(5回かな?)発言していた番号37番の人も目立ちました。この人、佐鳥電機の業績の詳細とか、システムリプレースの話とか細かく聞いてました。業界のことやシステムのことに詳しそうな感じでした。

なお、会場の後ろには取り扱い製品紹介コーナーなどが設けられていました。展示されていたもので興味深かったのは、

・裸眼3Dディスプレイ
・有機EL照明
・薄型リチウムセラミック電池
・消防用無線システム

などでした。

BtoBメインの会社として、今後業績を上昇させるには、佐鳥グループならではの付加価値創造がうまくいくかどうかにかかってる、とのことでした。

アミューズメント系の会社に裸眼3Dのサンプルを納品済みとのこと。実際に採用されたら大きく話題になりそうですが、どうなることやら。

まいどまいど、予備知識のない状態での株主総会参加ですが、佐鳥電機くらい、自社をその場で知ってもらう工夫がなされるなら、株主総会、そして事業説明会に参加したかいがあるな、と思いました。

【参考リンク】

佐鳥電機HP
佐鳥電機IR情報
佐鳥電機会社四季報オンライン
佐鳥電機日本経済新聞

【おまけ】

おみやげは足代相当のクオカードとお茶。

総会、説明会終了後に、近くのホテルでランチ。



« アメックスブランドが好きなんだけど仲間をなかなか増やせなくてつらい | トップページ | ロングホールドだからこそ、配当や分配がほしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。