« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の11件の投稿

2014年8月29日 (金)

体が資本の仕事をする人は特に年1回人間ドッグで検査するべき

TBS系列で放送される爆報ザ・フライデー。なぜか好きで見てしまいます。爆笑問題が司会なのに、爆笑問題特に太田さんがあまりでしゃばらず、懐かしいタレントさんのドキュメントが重視されてて見やすいことが、私の性格に合っているからだと思います。

8月29日の放送で特に印象深かったのは、宮内洋氏。

「仮面ライダーV3」、「秘密戦隊ゴレンジャー」のアオレンジャー、「怪傑ズバット」などは、当時とてもよく見てました。

宮内さんはどちらかというとちゃんとキャリアを積まれている現役の役者というイメージですが、番組内では、あまり知られていないと思われる、2000年代に入ってからの闘病について取り上げられていました。

続きを読む "体が資本の仕事をする人は特に年1回人間ドッグで検査するべき" »

株主総会訪問記:リベレステ(8887)

今月2件目の株主総会訪問です。今回は、リベレステ(8887)にお邪魔しました。

正直言うと、あまり期待せずに訪問したのですが、予想以上に面白い話を聞けました。株主相手だからこそ聞けたのかも知れず、どこまで公開してよいのか難しくて不安です。

続きを読む "株主総会訪問記:リベレステ(8887)" »

2014年8月27日 (水)

【祝】北浜流一郎氏がYoutubeでセルフ配信デビュー

私の好きな株式投資評論家のひとりに、北浜流一郎氏がいます。

かれこれ30年以上、株関連の書籍の発売、雑誌などでの株式評論をされている方ですが、なんとこのたび、Youtubeによるセルフ配信デビューを果たしました。

では、その動画をご覧ください。

北浜氏は、知られているプロフィールによると71歳。この年でも新しいことにチャレンジするその精神、すごい尊敬します。

続きを読む "【祝】北浜流一郎氏がYoutubeでセルフ配信デビュー" »

2014年8月24日 (日)

ロングホールドだからこそ、配当や分配がほしい

長期投資という言葉を聞くと

一度購入したら、永遠と保有しなければならない

と思い込んでしまいがちですが、これは誤解です。

債券であれば満期があるので、永遠と持ち続けるのは不可能です。

では、株式はどうでしょう?

こちらは、「何を目的に」購入したのかによります。その前提次第で長期保有になるか短期保有になるのかが変わります。

私たちが普通、長期投資という場合、特定のアセットを保有し続けることを指しますが、それを構成する個別の金融商品、すなわち株式や投資信託は実際には回転売買しているものなのです。

続きを読む "ロングホールドだからこそ、配当や分配がほしい" »

2014年8月21日 (木)

株主総会訪問記:佐鳥電機(7420)

久しぶりに、日程上も移動距離も問題ない株主総会だったので、出席してみました。

今回は、佐鳥電機(7420)です。

ここで、私の運用方針のおさらいです。

私は、ペーパーアセットのみの国際分散投資、アセットアロケーション運用を行っています。そのうち日本株式アセットに関しては、毎月配当受け取り長期ポートフォリオ運用を行っています。

毎月配当受け取りにするために、毎月数銘柄が期末、中配を迎えるように銘柄分散をしています。そして、なるべく元本を少ない状態で配当を受け取れるよう、選択する銘柄を高配当利回りのものに集中させています。

以上の投資方針により銘柄選択をするさい、最近は、会社の業務内容とか業績とか、チャートの形とかほとんど調べることなく投資していたりします。ナンピン前提で受け取れる配当額が目標に達するまで、数回、数ヶ月かけて分散購入しています。

佐鳥電機は、5月期末銘柄の高配当銘柄のひとつで、今回配当受け取り時に増配も行われ、2013年度の純損失から2014年度は純利益転換し、いい感じなのかな、という印象です。

が、株主総会開始10分前に会場に着いたところ、少々不穏な空気に包まれていました。

続きを読む "株主総会訪問記:佐鳥電機(7420)" »

2014年8月20日 (水)

アメックスブランドが好きなんだけど仲間をなかなか増やせなくてつらい

某SNSで書いて好評だったクレジットカードの話題を、大幅加筆修正してブログにしてみます。

クレジットカードの世界では、5大ブランドが主に幅を利かせています。

VISA
マスター
JCB
ダイナース
アメリカンエキスプレス(アメックス)

これらのほか、徐々に浸透しているブランドとして、中国系の銀聯、ダイナースを事実上傘下に納めたディスカバーがありますが、入手しずらいとか使える場所が少ないなど、日本人が日本国内で使うにはまだ不便に思います。

日々の決済をなるべくクレジットカードで行おうと思ったら、

VISAもしくはマスター

そして

JCB、ダイナース、アメックス

のそれぞれから1枚づつ持っておけば、おおよそどこでもどちらかが使えると思われます。困るのはかたくなに現金のみのお店くらいでしょうか? あと、本当に特定のマイナーなブランドカードのみ取り扱う店がたまにありますね。

で、私自身はメインカードとしてアメックスを、サブカードとしてセゾンカードのVISAを利用していて、外食や買い物など出来る限りアメックスで決済するようにしています。

続きを読む "アメックスブランドが好きなんだけど仲間をなかなか増やせなくてつらい" »

2014年8月15日 (金)

ずるいオトナが生み出したベストセラーは著者のためになるのか?

ノウハウコレクターはよろしくない、という意見もありますが、英語学習に関してはどうしてもこれがとめられません。

最近買った本は、以下のとおりです。

他にも、TOEICの本とか、単語学習アプリとか、英語に関していろいろお金を使ってきましたが、結局のところ本人のやる気の問題だろう、という結論になってます。

私自身、仕事で英語を使うことはおそらくなく、今後はレジャーで海外旅行に行くさいに旅行英語を使うのが精一杯だと思うので、その際に肩の力を抜いて自分が覚えている範囲の単語と文法でなるべくシンプルにしゃべるようにしましょう、という趣旨の「ずるいえいご」とか「インド式」の本は、非常に参考になりました。そして、最終的には暗唱例文は自分でリストアップしなきゃいけないのかな、とも思います。

さて、今回、特に「ずるいえいご」について取り上げたいと思います。この本、かわいい絵のマンガ仕立てで、タイトルも表紙も目を引き、内容にも納得なのですが、すごく気に食わないところがあります。タイトルと本文の整合性がない点です。

続きを読む "ずるいオトナが生み出したベストセラーは著者のためになるのか?" »

2014年8月10日 (日)

長寿かつモラル意識高い先進国の人口減少はおそらく必然だよねという話

昨晩、行きつけのスナックですごいショックな話を聞きました・・・もとい、おめでたい話かもしれません。

昨年夏くらいから、そのスナックで働き出した、20歳前後の女の子がいたのですが、春ごろに突然お店をやめました。

その女の子の母親とは知り合い、というか、6年くらい前までスナックの従業員と客という関係で、その女の子がさらに子どものころなかなか学校になじんでないみたいな話を聞かされてた、というような間柄だったので、気にかけてたつもりでした。

母親もまだ40代前半、女の子を産んでから比較的早くに離婚してしまい、ひとりで女の子を育ててきたのですが、年末くらいに、実は母親が再婚して年の離れた弟ができた、という話を女の子から聞かされてました。

そして、昨日になって急に思い出されたかのように、スナックのママからその女の子がやめた理由を正式に聞かされました。

なんと、店の客の子どもを妊娠したのだそうです。もうすぐ生まれてくる、とのことでした。

ってことは、勤め出して数ヶ月でそういう関係になったってことです。

母親の幼い子どもと、女の子の生まれたばかりの赤ちゃんが一緒に暮らすかどうかは知りませんが、微笑ましくも複雑な家庭環境になりそうです。ほぼ同い年でおじとおい?めい?の関係ですし。

複雑な思いでそんなめでたい話を聞きました。世間一般には少子高齢化による人口減少問題をどうにかしないといけない、という風潮ですが、実は解決策があるのに後戻りできないのが現実なのではないかと思います。

続きを読む "長寿かつモラル意識高い先進国の人口減少はおそらく必然だよねという話" »

2014年8月 7日 (木)

「君はどう思う?」に一瞬で答えてもそれが他人に響くのかが不安

久しぶりに、齋藤孝氏の本を読みました。

「君はどう思う?」に、一瞬で答える力
5日間で「自分の考え」をつくる本 齋藤孝 著

「自分の考え」を持つことは、あらゆるコミュニケーションにおいて欠かせない。
レビューは旧来は評論家の仕事だったが、今ではごく普通の人たちがSNSや通販サイトで自分の考えを表明している。
そして、自分の考えを表明することの重要度は、今後ますます増していくことだろう。
さらに一歩進めて、「自分の考え」を表明し、自分や周囲を動かす、そこに至れるように頑張ってみよう。

と、齋藤氏はおっしゃってます。

そして、本書では、短期間で「自分の考え」を持てる人間になるための、5日間のカリキュラムが設定されてます。

カリキュラムの内容についてですが、目次を引用すると次のとおりです。

続きを読む "「君はどう思う?」に一瞬で答えてもそれが他人に響くのかが不安" »

2014年8月 5日 (火)

金融サービスと称するナニかが「決められない投資家」をカモろうとしている

日経新聞電子版に掲載されている記事が、共感できる非常に興味深い記事だったので取り上げます。

日本経済新聞:投資賢者の心理学 さらば「決められない投資家」 売買判断は自分で 投資教育アドバイザー 大江英樹

記事の中では、投資家が証券会社の営業員に売買指図の相談をしがちであり、与えられる情報によって主体性なくコロっと判断を変えてしまう事例を取り上げています。

続きを読む "金融サービスと称するナニかが「決められない投資家」をカモろうとしている" »

2014年8月 1日 (金)

馬渕治好さんのセミナーが動画配信されてます

以前より大変お世話になっている馬渕治好さんの、先日行われたセミナーが動画配信されることになりましたので、紹介させていただきます。

2014年7月26日、葛西で行われた馬渕治好さんのセミナーを受講しました。

会場にはビデオカメラが入っていたのですが、なんと、全編を収録し、有料配信するとのことでした(最後のほうは時間の都合によりカットされたみたいです)。

まずは、Youtubeにアップされている、無料のダイジェスト版をご覧ください。

そして、興味が沸きましたら、下記の有料の全編配信にお進みください。

Indie Private Seminar Movies:第14回自主開催セミナー「世界経済・市場展望」2014.7.26

馬渕さんは、テレビでコメントされたり、日経新聞にコラムなど掲載されたりご活躍中ですが、世界各国におよぶ情報網からの取材力、切り口が一味違う分析力などによる、世界経済や相場に関する解説はとても役に立つと思います。

動画で興味を持ったら、今度はぜひ、ライブで見てみましょう。

ブーケ・ド・フルーレット(馬渕治好さんの事務所のHP):マスコミ・セミナー等のスケジュール

以上、今回は馬渕治好さんを紹介させていただきました。

続きを読む "馬渕治好さんのセミナーが動画配信されてます" »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。