« 体が資本の仕事をする人は特に年1回人間ドッグで検査するべき | トップページ | 洗濯の研究(デジャブ) »

2014年9月 1日 (月)

店前でクレジットカード利用可能だと掲示してるのに使わせないのは絶対おかしい

上記、堀江貴文さんのちょっと前のツイートですが、本当に同感です。

私は、普段の決済はクレジットカード、そして電子マネー(おサイフケータイ)を多用しており、できればどちらかで済ませたいと思ってます。財布には最低限の現金を入れてありますが、それを使うのは「非常事態」くらいの感覚でいます。

ものを買うケースで、デパートやスーパー、コンビニでのカード決済が当たり前のように使える現在、クレジットカードが使えないのは、本当に地方の寂れた個人の小売店だけ、という印象になりました。

一方、食事をする場合、飲食店では下手するとクレジットカードが使えないのが当然、かのような状況が今も続いているように感じます。

私自身は、極力、事前にクレジットカードを使えるであろうお店を選んで飲食しています。その確認は、たとえばぐるなびのサイトでカード利用ができるかどうかを確認したり、店頭でカード会社のステッカーが張られているかどうかで判断しています。

デパートやホテルのレストランではほぼ確実にクレジットカードが利用できます。が、街中の飲食店では、次のようなケースがあるので本当に気が抜けませんし、そんなお店だったとあとからわかると本当に残念です。

・ランチでのカード決済拒否。現金のみ。
・ランチでのカード決済は条件付。例えば決済額2000円以上なら可能など。
・ランチ、ディナー問わず、決済額をまず提示し、現金決済の場合は割り引きますというケース。
・カード利用を申し出ると、低姿勢ではあるものの決済手数料の上乗せをお願いされるケース。

そんな対応をするにもかかわらず、入り口のドアなどにクレジットカード会社のステッカーが目立つところに張ってあったりするのです。ならば、シールを貼らず表向きは現金のみで商売してほしいです。

そもそも、メニューの値段は店側に決定権があるのだから、カード決済手数料みたいなコストも加味された上で、メニューの値段を決めるのが当然だと思うのです。

カード決済は通信時間が読めなくて面倒、みたいな言い訳もあるようですが、店側も顧客側も小銭を気にする必要がないというメリットもありますし、そもそも小額ならばサイン不要決済も可能です。電子マネーを導入するという手もあります。

私は極力、カードが使えない飲食店を避けるようにしていますが、最近ではPaypalやSquareのような、手数料も安そうな便利なシステムもあるので、どんな小さなお店でもカード決済が導入されればいいな、と願っています。


【参考リンク】
ホリエモンドットコム:現金しか使えない or カード決済手数料を別に取る飲食店はクソ。

↓他の同感な人のご意見もご覧ください。ツイートを引用させていただきます。

« 体が資本の仕事をする人は特に年1回人間ドッグで検査するべき | トップページ | 洗濯の研究(デジャブ) »

クレカ&電子マネー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。