« 洗濯の研究(デジャブ) | トップページ | テレパシーなんてないんだから欲しいものは伝えるしかない »

2014年9月 9日 (火)

【残念】全米オープンテニスで錦織圭(にしこりけい)選手が準優勝!!!【おめでとう】

まさかプロの男子テニスで、グランドスラムにかかわる大会で、普通の日本人が決勝戦を戦う日がくるとは\(^o^)/

まぁ、車椅子テニスでは国枝慎吾選手というレジェンド級の選手がいますが、ほとんど知られていないと思います。

テニスの世界4大トーナメントのひとつ、全米オープンテニスで、日本国籍の錦織圭(にしこりけい)選手が大活躍。決勝戦に進出しました。決勝ではマリン・チリッチ選手に3-0でストレート負けしましたが準優勝となりました。

これまで、日本人選手で、テニスの4大トーナメントで決勝に進出した選手はいませんでした。錦織選手の準優勝は歴史的快挙です。

今回の決勝戦の敗戦は残念でしたが、今後に期待です。

それにしても、錦織選手、往年のテニスプレーヤーの松岡修造氏に小学生のころに見出され、中学、高校のころからチラチラ情報に接してきました。18歳でツアー優勝を飾るなど早くから頭角を現していました。

ただ、やはり体格や体力の問題なのか、プロツアーを転戦するさいにケガで泣かされることが多かったように思います。

今回の全米オープンの直前にも、足の手術でしばらく練習できなかったそうです。ただ、それがいい骨休みになり、体力満タン、気力充実の状態で大会に望めたことが、今回の快進撃につながったのでしょう。

正月のとんねるずのスポーツ番組に毎年松岡氏にひっぱられて出演していて、けっこうなじみを感じていましたが、さすがに決勝戦まで進出する選手になるとは思っていませんでした。

錦織選手の活躍により、いま、松岡氏の指導を受けているジュニア選手、若手選手もやる気がさらに上がる効果も期待できます。もしかしたら、日本人選手が頻繁に上位進出するきっかけになるかもしれません。

錦織圭選手、全米オープンテニス準優勝、おめでとうございます。今後のさらなる活躍も期待します!

« 洗濯の研究(デジャブ) | トップページ | テレパシーなんてないんだから欲しいものは伝えるしかない »

スポーツ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。