« おサイフケータイジャケットにSuicaが出遅れて残念な件 | トップページ | カードや電子マネー決済手順をちゃんと把握しているタクシー運転手に当たる確率がブラックスワン »

2014年10月17日 (金)

今ならとても腑に落ちる「黄金の羽根」のあれこれ

正直言いまして、この本の原書の読後感は、あまりいいものではありませんでした。

ただ、サラリーマンをやめて12年以上過ぎた今となっては、そうだよね、うんうんという、共感できる部分が増えてました。

さすがに私自身がマイクロ法人を作るまでには至ってませんが。個人事業でも「黄金の羽根」は拾えますので。

読後感が悪かった理由は大きく2つです。

・ぶっちゃけ当時の「金持ち父さん」を真似た色合いの本で、日本の実情に合わせてあるとはいえ似たような話、似たような厚さで、まさに2番煎じだろう、という印象
・中身は例の公式のほか、運用なんてうまく行かない、生活費と税金を節約すればいい、しかも内容がグレーゾーンに思えて、辞めたばかりとはいえサラリーマンの立場からは容認しがたい内容だった。

以上により、橘玲氏に関してはペンネームでかつ、メディア露出があまりない(顔写真がない)ということで、正直当時はあまりいい印象がなかったです。

まぁ、当人も「当時のような熱気のある文章は書けない」とおっしゃってるとおり、とんがった内容です。

さて、2002年12月発売の原書から約12年が過ぎて、今回、改訂版が発売されているわけですが、その間、原書がトータル30万部も売れたとのことで、橘玲氏は売れっ子作家として認識されました。

※実際には「海外投資を楽しむ会」名義ですでに売れっ子だったようですが、こちらはさらに匿名度合いが高いですね。

そして、これまでに事実上の「黄金の羽根」アップデート版が出版されてました。私も本書を読んで、次の3冊は改めて読んでみるべきかな? と思いました。

この10年ほどの間に、海外に移り住んでいろいろ節税する手法は、どうもうまく行かなくなりつつあるようなので、本書でもあっさり削除されてます。

私は、海外現物資産を買うことに関しても、徐々に懐疑的になってきています。たしかに今後、日本の戦後高度経済成長のようなことが起こりそうな新興国があるのでしょうが、海外資産を報告する制度が始まっている現状では、わざわざリスクを負うほどでもないように思えます。

やはり、例の公式の理解と、マネーコントロールのほうが重要でしょう。ちなみに、例の公式を改めて書くと次のとおりです。

  資産=(収入-支出)+(期待利回り×資産)

本書では期待利回りは「運用利回り」になってますが、事実上利回りはコントロールできないので期待利回りとしています。

そして、仮に収入がゼロでも、資産から生み出せるキャッシュフローで生活できるようになることを「経済的独立」と言いますが、現実には「人的資本からの収入」も重要です。

もちろん、「経済的独立」を続けるための「人的資本への投資」もありなのですが。

最後に、本書を読んで一番びっくりしたことについて。

出版不況といわれているのに、なぜ、出版社は刊行点数を増やし続けるのか? 
私のような無名なブロガーでも、ちょっとのコツをつかむだけで(コツを知るのに費用をかけましたが)出版への道が開けるのか(厳密には出版社を紹介してもらえるだけで、出版できるまでにはいくつかのハードルがあるのですが)。

0章の23ページ~37ページ、当人は「もはやタブーではない」と書かれていますが、出版社の構造的な問題が書かれたこの部分が活字になったのは、画期的だと思います。本が幻冬舎から出ているからGOサインが出たのではないかと推測します。

ともあれ、改訂版の読後感はだいぶ良い印象に変わりました。

改めて、刺激を受ける読者が増えることでしょう。

« おサイフケータイジャケットにSuicaが出遅れて残念な件 | トップページ | カードや電子マネー決済手順をちゃんと把握しているタクシー運転手に当たる確率がブラックスワン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

FPよもやま話:そのほかいろいろ」カテゴリの記事

FPよもやま話:リスクマネジメント」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。