« 衆議院解散 | トップページ | バリウムが年々美味しくなってる! »

2014年11月24日 (月)

レコード大賞は12月30日まで誰が取るかわからない

11月20日木曜日に、日本レコード大賞の各賞が発表されてました。

正直、今回はかなり難しいです。本当に誰が大賞を受賞するのか? そして最優秀新人賞は???

上のYoutubeは、優秀作品賞をまとめてあります。

そして、念のため大賞と最優秀新人賞を予想してみました。

ちなみに、レコード大賞候補作品は次のとおり。

【優秀作品賞】
「雨のち晴レルヤ」ゆず
「さよならの前に」AAA
「Darling」西野カナ
「ちょいときまぐれ渡り鳥」氷川きよし
「東京VICTORY」サザンオールスターズ
「熱情のスペクトラム」いきものがかり
「ファミリーパーティー」きゃりーぱみゅぱみゅ
「炎と森のカーニバル」SEKAI NO OWARI
「ラブラドール・レトリバー」AKB48
「R.Y.U.S.E.I.」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
(曲名 50音順)

これは、正直、12月30日に各アーティストがどういう出演形態になるかにかかってると思います。

まさか、サザンオールスターズがここにきて賞レースに参戦するとは思いもよらず。

サザンオールスターズ、特に桑田佳祐さんは先日、紫綬褒章を受賞しています。また、食道がんの闘病も記憶に新しいです。元気なうちにサザンを、との思いで復活したのが2013年。その勢いのまま、レコード大賞となるのかどうか?

シナリオとしては面白いですが、あとはちゃんと12月30日にライブ演奏するかどうか、でしょうね。

では、サザンがビデオ出演で、大賞受賞の目がないかというとそうでもないです。過去にはMr.Childrenがビデオ出演にかかわらず大賞を受賞した前例があります。ただ、それをしてもいいほど、今回の「東京VICTORY」が世間で認知されたよい曲なのか? 正直、私は昨年リリースの「ピースとハイライト」のほうが好きです。

ちゃんとライブ出演したら、サザンのレコード大賞は当確でしょうね。

では、ライブ出演せず、大賞選出は難しいとなったときに誰になりそうか?

西野カナさんに実は期待してましたが、今回の楽曲が「Darling」だったことで、本年度の大賞受賞はなくなったと見ています。

多少、コケティッシュなリズムで、シャカシャカした音楽が、どうも大賞受賞曲っぽくないです。もう少しカナさんのボーカルの良い面が出てる楽曲のほうが良かった気がします。

実は、氷川きよしさんは今年でデビュー15周年だったそうで、楽曲も原点に戻ってまたたびものだったことから、久しぶりの演歌勢の大賞受賞という可能性もあったようです。が、これは本人のスキャンダルによりミソが付いてしまったとのこと。

だとすると、やっぱりAKB48か、三代目 J Soul Brothersに落ち着くんじゃないか、ってことになりそうです。

あーしかし、こんなに予想が難しいレコード大賞は久しぶりでした。サザンがちゃんと30日に会場でライブ出演すれば決まりでしょうけどね。

次いきます。

最優秀新人賞候補者は次のとおり。

【新人賞】
大原櫻子
SOLIDEMO
徳永ゆうき
西内まりや
(アーティスト名 50音順)

これ、Youtubeで見られる映像を見る限りでは、西内まりやさんで決まりですね。
ただ、突出した実績があるかというと正直不明なので、大原櫻子さんや、SOLIDEMOの可能性もありそうですね。
さすがに徳永ゆうきさんの受賞は、演歌勢としてひいきされすぎな気がします。

それにしても、今回のレコード大賞は、「アナと雪の女王」や「妖怪ウォッチ」が特別賞扱い。そのあおりか、MAY J.さんが見当たらず。ちょっと注目していた吉田山田がアルバム賞止まり。秋から人気が盛り上がったJUJUさんが間に合わずみたいな感じで、いや~、賞レースってオトナの事情をウラ読みしつつ見ると本当に面白いですね!!!

もうひとつ作った、各賞受賞者のリストも張りますね。

« 衆議院解散 | トップページ | バリウムが年々美味しくなってる! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。