« 【ご報告】約2ヶ月出版目指していろいろ頑張った結果、出版社とのご縁ができました | トップページ | ちょっと極端な意見でも念のため聞いておく。理由は「相場に絶対はない」から »

2014年11月 9日 (日)

資産運用の本は金持ちが書くべきだ!?

いつも考えてました。

本田健さんや、橘玲さんや、内藤忍さんや、山崎元さんや、水瀬ケンイチさんなどなど。

マネーに関する著者さんが、実際にはどれくらいの自己資産をお持ちなのかな? と。

もちろん、午堂登紀雄さんのように、公式サイトのプロフィール内にさらりと

「2001年 時代の流れに乗り、1年で約3億円の資産を形成し、年間1,200万円の家賃収入を得る。」

ということを公開している方もいらっしゃいますが。

人の財産を詮索するのは浅ましいです。ただ、マネーに関する本を書く以上、本人の経験や実績が重要であろうし、編集者もそのあたりバックボーンがしっかりしているからこそ(おそらく、編集者には教えているでしょう)、著作の依頼なり企画のゴーサインを出しているんだろうと推測します。

人から物を教えてもらう場合は、それを楽々とこなしている人に教えてもらうべきであり、それを知らない人に身近だからと家族であっても配偶者であっても聞くべきではない、と、さんざん著者養成スクールで学びました。

ちょっと話がそれますが、出版だって、楽々と行っている人から教えてもらうべきです。なので、松尾昭仁さんの著者養成セミナーに通いましたし、そのほかたくさんの著者スクールを下調べしました。

お金を増やす相談だって同じです。ただ、気をつけなければいけないのは、ほとんどの場合、お金を増やす相談を受け付けているのは、実態としてはそのための金融商品の営業マンである場合が多いのです。

このブログのかなり古い部分から読み返すとわかるとおり、私自身も、金融商品外務員でしたし、保険募集人でした。なお、今現在は営業できる立場ではありません。

しかし、「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」のような、エンドユーザー同士が集うタイプの投資イベントにそこそこ人が集まることを見ると、やはりみんな、自分以外の経験者、しかも金融業界ではない人の情報がほしいのだな、と思います。

書籍も、金融業界人ではないが、運用に成功している、できればそんな人が書くべきなのかな、と思います。

じゃ、自分はどうなのか? と過去2ヶ月ほど自問自答しました。

オープンな場では必要以上には書きませんが、自分はそれなりに金融資産運用、特にアセットアロケーション運用や日本株式ポートフォリオ運用がうまく行ってる、と自負してます。

その経験、知識、データをもとに、近い将来、商業出版したいと思っています。

« 【ご報告】約2ヶ月出版目指していろいろ頑張った結果、出版社とのご縁ができました | トップページ | ちょっと極端な意見でも念のため聞いておく。理由は「相場に絶対はない」から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

FPよもやま話:そのほかいろいろ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。