« 与党勝利も、池上さんの番組で冷や水をかけられる | トップページ | モーニングスターのETFカンファレンスに行ってきました »

2014年12月18日 (木)

「世界一やさしい 株の教科書 1年生」はいい本です

もはや株式投資の本などめったに読まなくなってしまいました。

それは、自分の売買手法が確立しており、あえて新たに学ぶ必要がないレベルまで来ているからです。

それに、手法のメインはアセットアロケーション。これは、金融商品を買ってからほぼ放っておく投資手法であり、たまにリバランスすればいいだけなので、内藤忍さんや山崎元さん、木村剛さんあたりの本を読んでおけばもうさらに学ぶ必要はありません。

日本株のポートフォリオ運用に関しても、北浜流一郎さんの軽めの本を読んだ後、ウォーレンバフェットやピーターリンチの株式投資本を読み、あとは分散投資に関する学術的なテキストを読んでおけば十分です。

なんで外国人は呼び捨てになっちゃうのか? ごめんなさい。それはともかく。

だから、今後は、自分が著者の知り合いが増えていく過程で、そういった仲間のよしみで読む、ということが増えそうです。

で、↓はそんな仲間の本のうちの1つです。

「世界一やさしい 株の教科書 1年生」 ジョン・シュウギョウ 著

なんと、昨晩(2014年12月17日夜中)、Amazon総合ランキング1位になったそうです。

現在、まだまだキャンペーン展開中です。12月18日24時までです。よろしくお願いします。

「世界一やさしい 株の教科書 1年生」 2日限定Amazonご購入キャンペーン(2014年12月18日24時まで)

さて。私も今、Kindle版で読んでるところですが、この本すごくいいです。


ええと、最後まで読もうと思いましたが、そうするとキャンペーンが終わってしまうため、途中まで書いて更新しました。今も、せいぜい86ページ目までです。

しかし、もう、ここまでで、これまで読んだ株式投資本にはなかなか書かれていない内容が出てきます。ジョンさんすごいです。

・プロは、「高くなったら買い、安くなったら売る」。

誤解を受けそうな表現ですが、テクニカル分析でちゃんとトレンドを把握しなさい、という内容です。

・資産運用をしたいのか、手持ち資金を増やしたいのかをよく考える。

手持ち資金が10数万円の人と数億円の人とでは、当然とるべき戦略が異なります。

・コントロールできるリスクに集中する。損切りに馴れること。

出口戦略を考えていない人が多すぎる。しくじったら画面を見ないで損切りできるようになろう。

などなどです。


ちなみに、ジョンさんはトライリンガルで、世界中で株式投資について教えているそうなので、興味があれば、セミナーにもぜひ出てみるべきです。

TBL投資アカデミー ジョンさんの会社HP


それにしても、現段階でこんなに面白かった株式投資関連本は久しぶりです。残りのページを読むのが楽しみです。

« 与党勝利も、池上さんの番組で冷や水をかけられる | トップページ | モーニングスターのETFカンファレンスに行ってきました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。