« 国家財政破綻が起きるとして、何に備えればいいのか? | トップページ | 【続報】著者養成スクール同期生より出版決定者が2名出ました。後に続きたい方はいませんか? »

2014年12月 3日 (水)

アベノミクス実感なしを鵜呑みにするかが衆議院選挙のカギになりそう

衆議院選挙が公示、選挙戦がスタートしましたね。

衆議院解散時に多少ブログを書きましたが、そこから印象はほとんど変わりません。

やはりアベノミクスを肯定するか? そしてその流れで原発の利用を続けるか? 沖縄の負担軽減をどうするか? 集団的自衛権をどうするか?

以上を問う選挙になるのでしょう。

ただ、アベノミクスに関しては、少々気になる世論調査が続々と公開されているのが気がかりです。

先日、複数の政党が「選挙において公平な報道」を求める要望書をテレビ局に出しました。

それをもって、テレビ以外の新聞などの報道もひっくるめて物議をかもしてます。

対して、「当然の話であり、報道と論評は本来切り離すべき」という意見もあります。

まぁ、とりあえず今後、報道が公平な報道に関して配慮するとしましょう。

だとすると、各社で世論調査が行われているとおり「アベノミクスによる景気回復の実感がわかない」人たちの割合が8割~9割にもなるのなら、そちらに沿った報道にしなければなりません。

だって、それが公平ってものですから。

Webで見られる新聞などでは、その傾向がすでに出てます。

私はテレビのニュースはほとんど見ていないため、テレビの様子はわかりません。

なお、1つだけ、TBSニュースバードのみ、見るようにしています。これはまさに報道番組であり、起こった出来事を淡々と伝えるだけなので見やすいです。もちろん、時間には限りがあり、そのニュースを報じるのか選択されているのでしょうが。

さて、アベノミクスによる景気回復の実感がわかない人が8割~9割にも上るそうですが、なんとまぁ、うまく出来ている数字だな、と思いました。

まさにパレートの法則です。全体の稼ぎのうちの8割を、少数の2割の人によって成し遂げるという法則のことです。

つまり、アベノミクスによる景気回復を実感できるのは、少数の1割~2割程度なのは当然だということです。おそらくここに含まれる人たちは企業経営者だったり、事前に株式投資などで経験を積んでいた人たちばかりだと思われます。

とはいえ、アベノミクスのすべてがうまく行っているわけではないのも確かです。

日銀の金融緩和は株価によい影響を与えているようですし、円安も起こってます。

一方、世界経済を見ると、新興国の景気減速とシェールオイル増産の影響による原油安によるデフレ圧力が出てきそうです。

国内も、消費税増税による消費引き締めが予想以上に厳しい印象です。

さて、たとえアベノミクスがうまく行っていたとしても、実際にはもっと大きな経済の流れ、景気循環の影響を受けます。

日本は直近では、リーマンショックのほかにも、東日本大震災による景気減速という二番底を経験しています。

この、東日本大震災が2011年。ここから3年が過ぎました。通常、ショートレンジの景気循環は3年~5年程度で景気の山と谷を経験します。

なので、今後、誰が何をやってもしばらく不景気、かもしれません。当然、その影響を少なくするために政治による景気対策を行うのでしょうが。

私としては、5年前の民主党への政権交代は、非常に痛い経験として残ってます。今後の「公平な」報道がどうなるかわかりませんが、改めて政権交代が起こるようなことになれば、再び政治が、そして景気がややこしいことになるような気がしてなりません。

« 国家財政破綻が起きるとして、何に備えればいいのか? | トップページ | 【続報】著者養成スクール同期生より出版決定者が2名出ました。後に続きたい方はいませんか? »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。