« スナックでのカラオケで他の人の歌を奪ってはいけない | トップページ | 年末のレコード大賞、紅白歌合戦を見て思うこと »

2015年1月 1日 (木)

2015年は新しいことを始める年になりそうです

新年が無事に明けました。

1月1日というのは、やはり特別な思いになります。

今後1年が、さらに充実する1年になるよう、頑張っていきたいと思っています。

それにしても、昨年、厳密には一昨年の2013年12月からの金融業界、保険業界の激動以来、各方面にご迷惑をおかけしてしまった1年だったように思います。

2014年1月下旬、自身が所属する金融商品仲介業&乗合保険代理店での、その後のコンプライアンス関連および対応の説明を聞いた段階で、私自身は募集人、および外務員登録の抹消をする決意をしました。

(のちに、この金融商品仲介業&乗合保険代理店は、他社にFP部門を売却しました。)

そして、2014年4月以降、営業員の資格を持ったFPから、単なる座学のFPに下野しました。

メルマガをほぼ休眠状態しにし、個別面談なども開店休業状態にして、ブログの更新を中心に活動をしてきました。

ブログ中心だからといって、アフィリエイト収入が増えた、というわけではありません。そもそもアマゾンリンクを気まぐれにしか張ってません。

サラリーマンを辞めた2002年5月以降、それなりに収入を得ようと活動してきました。残念ながら、実際には生活できるほどの収入は得られませんでした。

ならば、どうやって生活していたのか?? 実は、サラリーマン時代に蓄えた資金を、運用しながら、一部を生活費や事務所経費に引き出して活動していた、というのが実態です。

要するに、自ら投資を実践するFPだったわけですが、営業員を兼ねていたころはそれを強調することはできませんでした。

ところで、元々は雑誌や書籍の編集者です。そして、ブログは続けられています。これらから、執筆に関してはやっぱり適正があるのかな、と思ってます。ただ、編集者時代は人の文章を直すことを訓練してきたわけで、自分の文章を直されるような経験はあまりしてません。これが必要かもしれないとも思ってます。

ともあれ、執筆が性に合っている、という前提で、アマゾン経由で購入できるアイテムを増やしてきました。

Kindle本は当然自費出版。隣のプリントオンデマンド本が実質著者デビューとなりますが、これは全国配本されていません。

そして「スマホでネット株」本は、あくまで監修のみをしています。リンクアップ様の尽力がなければ発売されていませんでした。ただ、こちらは全国配本されました。

以上のような状況ですので、次は「単著による全国配本の商業出版」を目指そう、ということになりました。それが2014年9月以降のネクストサービス株式会社の各スクールへの参加です。

おかげで、出版社とのご縁ができました。すごく奥歯にものが挟まった言い方になっていますが、これは企画書を出版社内で検討していただいている段階であるため、商業出版がかなうのかどうかは、現段階ではわからない、ということです。

ただ、原稿の準備を始めてもいいのではないか、と、著者養成スクールの主催者からアドバイスは受けてます。

以上のようなもやもやした状況で、年末を迎え、年明けを迎え、現在に至ってます。

さて、2015年は、自分にとってどんな1年になるでしょうか?

ブログタイトルにある、「新しいこと」とは、書籍企画が正式に通過して商業出版が実現することなのか? それとも他の違うことなのか?

ただひとついえるのは、人生においては、日々勉強を続けるとが重要だということです。

ある意味、自分にとってのあらゆる新しいことを始め続ける。これが人生にとって重要なのだと思っています。

もちろん、堅めのアセットアロケーション&ポートフォリオ運用のように、変えないほうがいいこともあるのですが。

改めまして、本年もよろしくお願いいたします。

松本勝晴

« スナックでのカラオケで他の人の歌を奪ってはいけない | トップページ | 年末のレコード大賞、紅白歌合戦を見て思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。