« 2015年は新しいことを始める年になりそうです | トップページ | 今や投資ポリシーは簡単には変わらないですが、定期的な確認は必要 »

2015年1月 2日 (金)

年末のレコード大賞、紅白歌合戦を見て思うこと

小学生以来の習慣が、なかなかやめられません。

年末は、レコード大賞と、紅白歌合戦を見終えて、年越しを迎えるという習慣です。

以前はどちらも大晦日に行われていましたが、レコード大賞のほうが視聴率対策(大晦日格闘技中継ブームのあおり)で30日放送に切り替わってます。

それ以降は、30日にレコード大賞。大晦日に紅白歌合戦という住み分けができました。

もともとJ-POP、流行歌が好きな私としては、年末のこの2つの番組と、それをトリガーにした検索によってこの1年の音楽情勢を振り返ったり改めて調べたりしています。

レコード大賞は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE が受賞しました。なお、最優秀新人賞は、以前ブログに書いたとおりの予想が当たってびっくりしました。

さて、レコード大賞を一通り見て思ったことから書いてみます。

レコード大賞のレギュレーションをすっかり忘れてました。

優秀作品賞
「大衆の強い支持を得、芸術性、独創性、企画性に優れ、その年度を反映したと認められた作品に贈る。」

日本レコード大賞
「作曲、作詞、編曲を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な作品とする。優れた歌唱によって生かされた作品で大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品に贈る。審査対象は「優秀作品賞」に選ばれた作品とする。」

いちおう、上記のようになってます。そして、隠れレギュレーションとして、作曲家が日本人であること、となってるんです。

なので、あれだけ社会現象とも思えるヒットとなった「Let it Go」は、レコード大賞は審査対象にもなってないのです。すっかり忘れてました。

ただ、他の賞、企画賞などに関しては、作曲家が外国人だろうと関係ないようです。

以前、この「作曲家が外国人」ということで大賞候補になれなかった曲として思い出深いのは、西城秀樹の「ヤングマン」、岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」とかですね。

というわけで、May J.は改めて、自分のヒット曲で受賞を目指していただければ。


大賞受賞曲に関しても、近年、違和感がある部分が確信に変わってきました。

AKB48が過去5年、「大衆の強い支持を得ていた」のは確実です。が、

「ヘビーローテーション」と「恋するフォーチューンクッキー」「ラブラドール・レトリバー」は優秀作品賞止まり。
「フライングゲット」「真夏のSounds good !」が日本レコード大賞受賞。

この差は、何が生んだんでしょうね???

まぁ、作品賞どまりの3回が全部、大賞受賞がEXILEグループという、芸能界の政治力面の影響も感じますけど。

ヘビロテと恋チュンに関しては、「カラオケで大ヒットした曲である」ことも影響したと、私は考えます。

つまり、日本レコード大賞にふさわしいのは、「優れた歌唱によって生かされた作品」であり、カラオケで一般人が簡単に歌える曲ではいかん、ということなのではないかと?

まぁ、今年はAKBグループが設立10周年だそうなので、これまでどおりのヒット連発であれば、2015年は政治力でレコード大賞取れそうですけどね。秋元先生がヘソを曲げなければ。


紅白歌合戦ですが、これ、通してみると昭和40年代生まれにとっては感涙ものの番組内容になってました。

企画ゲストとして、中森明菜、そしてサザンオールスターズ。

通常出演として、郷ひろみ、長渕剛、中島みゆき、薬師丸ひろ子。そしてオオトリに松田聖子。

バッチリ、40代の人や、アラフィフあたりの人たちにドストライクな人たちではないかと思いました。

もちろん、もっと出てきてほしい人たちも何人かいますけど。田原俊彦、近藤真彦、アルフィーとか。

しかし、紅白対抗形式であること、若者からお年寄りまですごく広いターゲットを意識した出演者がそろうことなど、紅白歌合戦は本当に唯一無二の音楽番組なのではないかと思います。今回の視聴率はまだわかりませんが、まだしばらくは続く番組なんだろうな、と思いました。

私自身も、年末は音楽番組で年を越す、という習慣が続きそうです。

« 2015年は新しいことを始める年になりそうです | トップページ | 今や投資ポリシーは簡単には変わらないですが、定期的な確認は必要 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。