« 「投信ブロガーが選ぶ Fund of the Year 2014」を見てきました | トップページ | 振り返ればヤバイことになりそうなことでもアセットアロケーションでは観察しかすることがない »

2015年1月14日 (水)

通勤手当じゃない、通勤時間の話のはずだった

ちょっと、有名ブロガーさんたちが通勤費についてブログ展開してるので、乗ってみようと思います。参照するブログは以下の通りです。

ちきりんさん:2015-01-10 通勤手当なんて廃止すべき

イケダハヤトさん:企業の通勤手当が廃止されたら、子育て世帯は「住まいの貧困」に直面する

よく知らない経営コンサルタント「B型企業人」:間違っても皆様がブロガーのようなレベルの低い人達にならない事を祈ります

一番下は、有名な人じゃないかも(・_・;;; しかもタイトルだけじゃ関連の高いブログに見えないという。さらにはリンクアドレスが「ブロガーダメダメダメ」とは。

ちきりんさんの議論って、本当は「通勤時間、もったいないよね」って話だったんですよね。そして、通勤ラッシュをどうするべきか、という話の解決策として、思い切って通勤手当をなくしてみたらどうか、という提案をされてます。通勤手当がなくなれば、住まいと勤務先を近くする努力をするんじゃない? という話なんです。

それが、どうも、私もそう感じてましたが、通勤手当廃止だけが一人歩きしてる感があります。

イケダハヤトさんは、住勤近接だと都内は家賃が高すぎるし、子育て世代は保育所とかも問題になりますね、という話題を展開してます。ただ、通勤手当を廃止してみては、という案に関してはおおむね同意のようです。

3番目の人は、鋭い指摘をしています。さすがマーケッターさんです。

ちきりんさんの取り上げている、片道15分通勤のサンプルの作り方がありえないことを、きっちり実例で検証しています。

ただ、イケダさんに対しては、「具体的なメリットのある対案を出せ」程度のことしか言ってませんね。イケダさんはたしかに政策でどうにかすれば、としか言ってませんが、他にも在宅勤務の話とか、そもそもが自分が体を張って高知に移住してノマドワークしてますし、過去の自身のブログリンクを紹介して、そちらで別な議論をしてるんだと思いますけどね。リンク先までは読んでませんけど。


自分のことを振り返りますと、サラリーマン時代はおおむね、片道1時間~1時間20分程度の通勤時間でした。今でも、自宅からの徒歩を含めると東京駅まで出るのに約1時間かかります。

自分はこれでも普通の時間だと思えてしまうのは、大学時代は片道2時間40分ほどかけて通学していたためです。振り返れば往復5時間以上通学していたとは本当にムダでしたが、いい思い出です。当時は下宿するよりも安く済むと納得してました。学生なので定期券も安かったです。

実は、私自身、往復2時間がもったいなくて、よく会社に寝泊りしてました。

20代前半は特になれぬ編集作業に大量の作業を、しかも精密にこなすことを課せられ、連日の残業でしたが、まだ平成バブルの末期だったため、タクシー帰宅が許されてました。

が、徐々にベテラン扱いになったころ、部署が変わってタクシー帰宅がはばかられるようになった段階で、仕事をこなすのに会社に泊まるようになりました。

もともと仕事が遅かったのもありますが、あまった時間はクオリティを上げることに使えという、入社初期の教えが染み付いてしまったために、周りの仲間と比較しても長時間労働が当たり前になってしまったためです。

会社がベンチャーだったころは許されたそんな働き方も、上場し、社員が増えてくると許されません。フレックスタイムも事実上廃止され、きっちり時間内に高パフォーマンスで働く社員が重宝されるようになったことを肌で感じた私は、リストラ打診を期に脱サラしました。

以来、毎日通勤するような仕事はしてないわけですが、たまに東京の各地に出かけるときに、ここに平日毎日来るのは想像出来ない、というくらいなまけた体になってしまいました(・_・;;;

ましてや、さすがに通勤片道2時間は、今となっては考えられない、とも思うようになりました。

もっとも、通勤として必要であると腹をくくれば、始発駅を活用して読書タイムを作るようにするとか、自分を納得させるのでしょう。

たしかに勤務先に片道15分で通えればいいな、とも思います。ただ、現実的には、駅からそんな近い職場、そんな近い自宅、そして電車に乗るのは2駅程度みたいな環境はなかなかないでしょうし、もしかしたら徒歩15分のほうがましな想定かもしれません。

そして、住勤近接だからといって、ワークライフバランスが取れるかといえば、それも別な問題でしょう。自分なら、寝に帰るだけで会社にいる時間のほうが圧倒的に長くなりそうです。

通勤時の何も考えずにボーッとしながら、人ごみにもまれるあの時間が、精神的なバランスを取るのにも役立っている、かもしれません。

多様な働き方が認められる、というのが一番いいのでしょうね。


さて、通勤費についてほとんど触れませんでした。これは会社だから通勤費を支払うかどうかの問題じゃなく、そもそも必要経費だからです。もし、会社から交通費を支給されないなら、自分で交通費を清算し、確定申告で余分な税金を取り戻すべき案件かと思います。もっとも、給与所得者の場合はいろいろ面倒なので、年末調整で済ませられるので会社が交通費を出してるというのが実態なんでしょう。

« 「投信ブロガーが選ぶ Fund of the Year 2014」を見てきました | トップページ | 振り返ればヤバイことになりそうなことでもアセットアロケーションでは観察しかすることがない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

FPよもやま話:そのほかいろいろ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。