« 僕たち「40代オジサン」がカラオケで演歌を歌わないのは単に思い入れがないから | トップページ | NISA口座で保有していたスカイマーク(9402)が上場廃止になります! »

2015年1月27日 (火)

RUMIKOさんのイベントに参加してきました

知り合いより、この本を紹介されました。

「頑張る力、創る力 夢をかなえる仕事のルール」 RUMIKO 著

そんなご縁で、先日の1月25日日曜日、代官山蔦屋書店でのイベント

『ビューティークリエイターRUMIKOが語る 「世界が仕事場」になる働き方』

にも参加させていただきました。

定員が60名だと聞いていたのですが、実際には100名以上の参加者がいたようです。質問コーナーでも続々と若い女の子の手が上がり、大盛り上がりでした。

正直言うと、RUMIKOさんのことはあまり詳しく知りませんでした。ただ、本を読み、可能な限り調べた上では、素晴らしい経歴の持ち主でした。

80年代以降90年代にかけては、ニューヨークでメイクアップアーティストとして活動。アメリカンヴォーグの表紙を担当してからは世界各国の雑誌で活躍するモデル、フォトグラファーから絶大な支持を集めて幅広く活躍される。

1997年以降は、化粧品ブランド「RMK」を立ち上げ、クリエイティブディレクターを務める。

2013年7月にRMKとの契約終了後、2014年より株式会社OfficeRumikoを立ち上げ、さまざまな肩書きで幅広く活動して、現在に至ってます。

さて、イベント当日の話です。

今回のイベントは、「本しゃべりすと」奥村知花さんと、RUMIKOさんとの対談形式で行われました。

話を聞いていて感じたのは、RUMIKOさんはとにかくポジティブだ、という点でした。

質問コーナーで「つらかったときにどうやって乗り切ったのですか?」と聞かれたときに、

「つらいと思ったことはない!」

と言い切ってしまうほど、さまざまな厚い壁が壁とは思わずに乗り越えてここまで来たそうです。

ニューヨークでは、ポジティブでないと成功できない、とも。

もちろん、ニューヨークに渡ったばかりのころに英語がろくに話せなかったとか、初めてアメリカンヴォーグの表紙を任されるまでの下積み時代とか、RMKブランドの化粧品の出来が納得行かず発売延期するものがあったとか、そんな苦労を実際にはされているようです。

他にも、印象に残った言葉があります。

ドキドキするとき、それがエキサイティングなのかナーバスなのかを考える。エキサイティングなドキドキならOK、だそうです。

日本人は働きすぎで、もっと自分の引き出しを作るために、ちゃんとスケジュール調整するべき、とも。

そして、血の巡りをよくするためには、ヨガ、ジョギング、水泳などを日課にすること。そして、精神面のケアのためには瞑想がよい、とのことです。

なんでもRUMIKOさん、45分もの瞑想の間に、「体がフワッと浮く」かのような感覚になるのだそうです。

この経験をされてから、体と精神は別なんだな、と思うようになったとのこと。特に瞑想に関しては、まずは10分からでも、と強く勧められていました。

最後にはサイン会まであり、充実のイベントでした。関係各位のみなさま、ご苦労様でした。


【参考リンク】

コスメティックブランド RMK

RUMIKOさんのオフィシャルページ 株式会社 OfficeRumiko

« 僕たち「40代オジサン」がカラオケで演歌を歌わないのは単に思い入れがないから | トップページ | NISA口座で保有していたスカイマーク(9402)が上場廃止になります! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。