« 著者養成スクールで刺激を受けてきました | トップページ | 昔の親父たちはどうやって宴会での歌のリクエストを乗り切ったか »

2015年2月 5日 (木)

著者養成スクールの課題図書2冊と、ほか1冊

現在、ネクストサービス社の「ビジネス著者養成スクール」の第10期生が進行中です。

ネクストサービス:今後のセミナー開催情報

日程の3分の1が終了し、第10期生は現在、書籍企画書の雛形を埋めている最中です。

それを作った後、松尾氏や他の同期、私を含む先輩方の意見を聞いたうえで、さらに企画にブラッシュアップをかけていきます。

さて、今回、第10期の初日が1月31日だったのですが、松尾氏からその前日、突如、課題図書をできるだけ早く読むように、という通達がありました。私が参加した第9期にはなかった指示です。

課題図書は、以下の2冊です。

以下、私が読んだ感想です。

『印税で1億円稼ぐ』 千田琢哉:著

公式ページ:千田琢哉 次世代創造館

上記リンクによると、著作は101冊。累計部数は186万部とのこと。

そして、2013年11月刊の課題図書の中で、それまでの印税額が1億円を突破したことを打ち明けています。

とても夢のあるお話ですが、ここまで到達できる人は本当のプロ、一握りなのでしょう。

本書は、本気でプロの文筆家、著述業、著者になるための道程を、千田氏の実際の経験からこうするべき、と辿っている印象です。

不覚だったのは、これほどの著作を出していたはずの人なのに、私はいままで1冊も千田氏の本を読んでいなかった点です。(>_<)

自分はぜんぜん読書家じゃないんだなと、改めて思いました。とはいえ、書籍は年間8万アイテムも刊行されてます。その中でどの本を選ぶのかなんて本当に奇跡のめぐり合わせですし、本を読むのも時間が必要です。きっかけを作ってもらえた松尾氏に感謝しかないでしょう。

さて。

本書の中で、千田氏は次のように書いてます。

・プロフィールをしっかり作ろう
・作家の養成学校へ通うよりも実績を作ろう
・1冊分の原稿が仕上がったらそれを元に企画書と目次を作ろう
・出版社の一般募集へ応募しまくろう
・出版が決まるまでは、毎日ブログなどで次の原稿を書き溜めよう
・そして、出版が決まったら全力で重版がかかるよう、販促を考えよう

以上、1冊目を出すまでにやるべきこと、だそうです。

松尾氏のビジネス著者養成セミナーと重なっている部分もあり、反する部分もあります。

ちなみに、たしかに一般募集している出版者はけっこうあるようです。が、自費出版の募集とわかりにくい出版社があるので要注意です。費用負担を求められたらあきらめる、くらい割り切るべきかと。

そして、書き上げることに関しては、おそらく、見出し項目の見直しが入ればやり直しになるので、「1冊を書き上げた達成感」を得る以外の効用はないと、私は思います。

さて、千田氏の本ですが、既に100冊以上を出版している人が会得した、「一生涯、本を書き続けるために心がけたこと」に関しては、参考にしたいと思います。圧倒的なたくさんの文量を書く力、というのは、やっぱり必要なんでしょうね。



次に行きます。

『夢を売る男』 百田尚樹:著

正直言いますと、なぜこの本を課題図書にしたのか、意味がわかりません(>_<)

百田氏は、『永遠の0(ゼロ)』、『海賊とよばれた男』などの大ヒット作があり、昨年後半にはやしきたかじん氏の闘病生活を描いた『殉愛』が、いい意味でも悪い意味でも話題になりました。

私はもともと、FP関連書、投資関連書、ビジネス書と英語教材以外の本はめったに読まないので、百田氏の本もいっさい読んでいませんでした。

課題図書は、出版社、文芸界、商業出版に見せかけた、自費出版だと言われても仕方のない、著者負担のある出版の現実についてかなり突っ込んだフィクションとなっています。

書評をグーグル検索した限りでは、モデルになった出版社も特定されてるようです。そして、実際に倒産した会社も。

非常に参考になるフィクション、だと思います。元出版社勤務の経験があり、昨今は出版系セミナーに入り浸っている身としては、かなり納得感のあるストーリーです。ちなみに、自費出版で有名だった会社の倒産の経緯なども改めて検索で調べました。

読み終えて、冷静になって考えてみました。

私の身の回りにいる出版社は、丸栄社なのか狼煙舎なのか、または夏波書房か?

私は、本気出してないだけのフリーターなのか、それともプライドが異常に高い教育ママか元大学教授か?

ただこの本、さすがに「出版エージェント」が出てきません。著者と出版社の間に入る役割の人たち。

それにしても、「夢」のような形のないものを、牛川原はどんどん売っていきます。それができるのは、たしかに著者になりたいという一般人の心に付け込んでいるからでしょうが、それをするための下調べと原稿を読み込む力は、実はすごい人なんだろう、と感じます。たぶん、最後の1行、牛川原はおばあさんの原稿を本当に読んでるんだと思いますよ、私は。

さて、自分は、お金出して夢を買うべきなんですかね? Kindle出版もプリントオンデマンド出版も経験済みの身として、費用負担出版をするべきか? ただ、費用負担までせずとも、売上に貢献するにはかなり持ち出して広告を出すとか、本屋で自分の本を買うとか、そんな努力はしないといけないご時勢みたいです。



課題図書は以上の2冊でしたが、ついでにもう1冊紹介します。

『「ビジネス書」のトリセツ』 水野俊哉:著

現在絶版ですが、水野氏のメルマガによると、改訂版の刊行が予定されているとのこと。せっかくなので最新事情を反映したと思われる最新版を待ったほうがいいかもしれません。

ちなみに、水野氏と半年以上前に話をしたとき、手元にも見本書が残っていないそうで、そんな貴重な本なら中古で手に入れるのもありでしょう。

こちらも、ビジネス書を書くにあたり、著者は何を考え、どのように振る舞い、執筆すればいいのか、といったことが理解できます。特に、当時売れっ子だったビジネス系書籍著者の分析と解説がおもしろおかしく読めます。さすがは『ビジネス名著100冊のエッセンス』の著者でもあります。

水野氏も著者スクールを開催してますので、興味のある人は「水野俊哉出版セミナー」で検索してみてください。現在の私の立場では、直接リンクは貼れません(・_・;;

« 著者養成スクールで刺激を受けてきました | トップページ | 昔の親父たちはどうやって宴会での歌のリクエストを乗り切ったか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。