« FP関連情報収集(3)セゾン中野氏の熱い思い | トップページ | FP関連情報収集(5)ライフネット出口氏の考える21世紀の保険とは »

2015年2月27日 (金)

FP関連情報収集(4)カン・チュンド氏の「FPはラーメン屋になれ」?!

まさか4回もの連載になるとは思いませんでしたが。

先週の金曜日、土曜日に続けて行った、FPに関する会合での情報をシェアするブログ。

今回は前日に引き続き、2月21日土曜日のネクスティアンカンファレンスで興味深かったセミナーを取り上げます。

午後の1つ目のセッションは、カン・チュンドさんのセミナーを選びました。テーマは「ラーメン屋さんに学ぶ! 一歩先行くFPのブランド構築法」。

なぜラーメン屋なんだろう?????

私自身は、FPは床屋さんであるとか、占い師であるみたいな説を唱えていたことが一時ありました。

床屋さんのように、看板が広まればどんなサービスを受けられるか一目でわかり、よって近所のお客さんには選ばれるようになる、という考え方です。そして、先の読めない経済について語るところは、占い師に通じるかもしれないと思っていました。

また、医者と薬局のたとえで、FPは医師として金融商品の処方箋をだし、薬剤師としてその処方箋のとおりに金融商品を取り扱う立場、みたいな話もありました。

さて、カンさんの話はどのように進んだのか。

カンさんは、2000年7月から、メールマガジンによる情報発信を始めたそうです。

2004年からはブログを、2006年からは動画による情報発信も始めたとのこと。

それでも、2007年くらいまでは、なかなかな泣かず飛ばずの状態が続いたそうです。

しかし、あることがきっかけで、2007年以降は、業績を上げることができて、FPとして食べていく実感が持てるようになったそうです。

それは、「インデックス投資アドバイザー」という肩書きを名乗るようになってから、だそうです。

思い当たる節はあります。私が知っている、稼げていると思われるFPは、実際、FPとは名乗っていません。

カンさんが他に例をあげた人としては、家計再生コンサルタントの横山光昭さん。

他にも、家計見直しでは藤川太さんもいらっしゃいますが。

一時期の花輪陽子さんも、FPという肩書きを使っていなかった記憶が。

そういえば、FPではないですが、、元公認会計士の勝間和代さん、本が爆発的に売れた以降は、公認会計士の資格を返上してしまったそうですよね。

カンさん自身の経験、そして他の売れているFPを観察して、カンさんが出した結論は、

「FPとは違う、2つ目の肩書きを持とう」ということ。

そして、その肩書きにのっとって、戦略的に情報発信していこう、と提案されていました。

専門性を持つことが、独自商品となり、選ばれるFPとなるきっかけになる、そうです。

では、どんな情報発信をするべきか。

ブログやメルマガは当然として、これから狙うのは電子書籍や動画配信ではいか、とのこと。

特に、KDP(電子書籍)やVimeo(動画配信)は、コンテンツ提供者が値段を決めることができて便利、とおっしゃってました。

思えば、カンさんをセミナーでお見かけすることがかなり増えましたが、初めてお会いして名刺交換したのは、カンさんは覚えていないででしょうが、2008年ごろの楽天証券のETFセミナーの会場でした。

当時、カンさんはいよいよ「インデックス投資アドバイザー」を名乗り始めた直後。私はといえば、個人保険代理店&仲介業に限界を感じて乗合保険代理店&仲介業に切り替えた直後でした。ブログのプロフィールに所属代理店名を書けずにいたところ、そのブログに目が留まり、楽天証券主催セミナーに呼んでいただいたのでした。

あ、ラーメン屋との絡みをすっかり忘れていました。

ラーメン屋というのは、上場会社はあるものの、大手と呼べる会社のシェアは、おおよそ3割程度だそうで、それ以外の7割は有象無象の小さな店だそうです。

しかし、それぞれの店が、自分の味を突き詰め、一定のファンを集め、商売を成り立たせているのです。

そして、それはFP業界も似た状況にできるのではないか、と、カンさんは言います。

たしかに、インデックス投資アドバイザーにはカンさんが、家計再生コンサルタントには横山さんや藤川さんがいます。

でも、他にもっと個性を表せるものが、FPにはあるはずです。保険でもいい。住宅ローンでもいい。何か得意なものがあれば、それを取りにいって稼げるFPにみんなでなりましょう、とおっしゃってました。

さて、自分はどんな肩書きが似合うのかな? とふと思います。

正直、出版に向けて努力していたのは、その肩書きを作りたかったからです。

自分としては、サラリーマン時代、そしてサラリーマンを辞めて以降、株式投資、金融資産運用に関しての実践はかなり積んだ、と思っています。

デイトレードのような毎日売買するよりは少なく、毎月積み立てよりは頻度が多い売買を繰り返しています。

だから、自己責任売買のアドバイザーとか、資産運用実践のトレーナーとか、ポートフォリオ運用のヘルパーとか、そんな肩書きであればしっくりきます。

いずれにせよ、株式投資に特化した肩書きがいいのだろうな、とは思っています。無難なのはアセットアロケーションなのですが、実際には株式投資ポートフォリオ運用をしているFP、っていかがでしょう???

カンさんのセミナーを聞いて、今後の活動についていろいろ考えさせられました。

(懲りずに続きます)

« FP関連情報収集(3)セゾン中野氏の熱い思い | トップページ | FP関連情報収集(5)ライフネット出口氏の考える21世紀の保険とは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

FPよもやま話:そのほかいろいろ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。