« 無事に出願までは済ませました。 | トップページ | 社会人だからこそ通信教育課程がいいじゃないか! »

2015年2月12日 (木)

NISA口座からの初売却はスカイマーク(9204)でした

先日のブログ:NISA口座で保有していたスカイマーク(9402)が上場廃止になります!

せっかくなので、株主名簿に名前を残して、様子を見ることにします。

のんきなことに、最後にこんなことを書いていました。が、事情が変わりました。

というわけで、本当にゼロ円になりそうなので、そうなる前に売却しました。

それにしても、NISA口座で初めて買った銘柄が、このような結末になろうとは、1年間には思いもしませんでした。

反省の意味をこめて、当時の銘柄選択について振り返ってみます。

私自身のNISA口座の利用では、普段の特定口座での高配当銘柄によるポートフォリオ運用とは異なる銘柄選択を試しています。

NISA口座は年間100万円までしか購入できません。2016年以降は年間120万円になる予定だそうですが。

そこで、1銘柄あたり予算を8万4000円として、2年で20銘柄前後のポートフォリオを作るつもりで、毎月1銘柄づつ購入する、というルールを続けてきました。

手元のメモ用Excelファイルによると、スカイマークを購入したのは2014年1月です。

そして、テーマは「逆張り」でした。

丁寧に各種移動平均線でマイナスの銘柄をピックアップし、選択しようとしていました。

が、途中で何を思ったのか、チャートフォリオを活用することに方針を切り替えました。

松井証券:チャートフォリオ

大まかには、チャートフォリオは、各銘柄の株価チャートがどのような形をしているのか、自動判定してくれるソフトです。

逆張りなので、株価が底値を這っているような形の中から、銘柄を探していきました。

そこで目に付いたのが、スカイマークだったのです。

私としては、スカイマークは名前をよく聞く会社であり、航空会社としては日本航空、全日空に続く3番手という認識でした。そんな会社だったことから、気軽に2単元買ってみたのでした。

その後、赤字決算でかなり売りたたかれて、かなりの長い間、大きな含み損を抱えていました。株主総会にも参加してみましたが、5年以内にプラスになればいいや、という気持ちで保有を続けていた、というわけです。

去年のブログ:株主総会訪問記:スカイマーク(9402)

日経新聞などで、昨年来、スカイマークでどのような経営が行われていたのかなど、続々と記事になっています。

たらればを考えれば、昨年末から今年の1月までの間、一時含み益があったタイミングで売却できればよかった、ともいえます。

ただ、私のNISA運用ルールの中に、2年で20銘柄程度のポートフォリオを作る、というのがあり、20銘柄に達していない段階で売るのは早い、とも思っていました。

その結果、1月28日の民事再生法申請で、ジ・エンドを迎えたわけですが。

私も、これまでの投資経験の中で、保有銘柄が突然、民事再生法などで上場廃止になる、というのは何度か経験しています。たまたま久しぶりにそういう目に合ったのがスカイマークだった、という感じです。

仕方ないですね。現在保有中のほかの銘柄や、今後選ぶ新しい銘柄が、代わりに儲けてくれればいいです。

それがポートフォリオ運用というものです。

« 無事に出願までは済ませました。 | トップページ | 社会人だからこそ通信教育課程がいいじゃないか! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。