« 著者養成スクールの課題図書2冊と、ほか1冊 | トップページ | 妙に慶應大学OBと縁があるので自分も慶應大学卒業を目指してみます »

2015年2月 8日 (日)

昔の親父たちはどうやって宴会での歌のリクエストを乗り切ったか

本日、親戚のおじさん、おばさんが遊びに来たので、私、両親、そして親戚で、そろって外食してきました。

その際に、私のいとこの娘さんが、芸能プロダクションのレッスンを受けていて、10月と12月に舞台に上がった、という話になりました。

そういえば、うちの家系、父方も母方もどちらも芸能ごと、音楽などに才能のありそうな人がいないよね? なのに自分はけっこうカラオケ行ってるよね、みたいな話になりました。

そして、昔はどうだった、みたいな話になりました。

実は、うちの父方の祖父母は、小さい飲食店をやってました。私が孫として帰省していたころにはとっくにリタイヤしていましたが。

その飲食店用だったのか、今となっては不明ですが、8トラックのカラオケが設置されてました。昭和40年代後半から50年代(1970年代)の話です。当時は小型ジュークボックスとして販売されていたものだそうです。

お客さん用のものですので、親戚一同が自分で使っていたわけではありませんが、多少はそういうものに投資する必要性を感じていたということでしょう。

一方、母方のほうは、誰も音楽好きがいません。

なので、いとこの娘さんが芸事をやるのはすごく意外だという話になりました。おそらく、いとこが結婚したダンナさんの家系のほうに、芸事が好きな血が流れてるんだろう、という結論になりました。

そして、自分が比較的カラオケが好きで歌いに行ってるのも、家筋からは珍しいよね、という話になり、さらには昔はどうだった、という話になりました。

そもそも、大昔、カラオケがある飲み屋は限られていました。カラオケが本格的に全国に広まったのは、1980年代後半、カラオケボックスブームが起きてからです。画面に流れる歌詞を見ながら歌えるよう便利になったり、通信システムとなって演奏曲数が飛躍的に増大したころから、あらゆる場所にカラオケシステムが設置されるようになりました。

したがって、私の両親や親戚が30代や40代のころには、まだカラオケはなかった、という感じです。

しかし、宴会は普通にあります。そんなときどうやって歌っていたのか?

おじさんいわく、手拍子によるアカペラです。そういえば、昔のドラマでそんなシーンを見た記憶もあります。

よって、多少音程が外れようが、リズムがずれようが、関係ない歌でした。多少のにぎやかしが済めばそれで乗り切れた、というのです。

今は、カラオケによる伴奏と比較されて、音のズレとかリズムの違いがはっきりわかるので、絶対歌わない、とも行ってました。

私自身は、社会人になったのが1989年以降。そのころにはおおよそ行く酒場にはカラオケがありました。

そして、上司や、同僚と行っては、歌っていたものです。

中にはやっぱり、どうしても歌わない人もいましたが、私自身は無理しなくていいよ、と思ってました。その分自分で歌うからと。

2010年代の現在では、無理やり歌わせるのも、そして無理やり歌を聞かせるのも、パワハラになるんですかね? だからひとりカラオケなんてものが生まれたのでしょうね。

オン・ステージ パーソナルカラオケ (シングル)ON STAGE PK-902W PK-902W-H


【参考リンク】
全国カラオケ事業者協会 ※カラオケ歴史年表参照

« 著者養成スクールの課題図書2冊と、ほか1冊 | トップページ | 妙に慶應大学OBと縁があるので自分も慶應大学卒業を目指してみます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。