« 学問とは。そして、作文や感想文と大学でのレポートの違いとは | トップページ | 論文とは、他人の意見を知り、それを検証し自分の意見を述べるもの »

2015年3月12日 (木)

東日本大震災から4年が過ぎました

1日遅れですが、振り返ってみたいと思います。

ブログより:
2011年3月11日「人生最大の地震」
2011年3月23日「失われる「当たり前」」
2011年4月8日「日常が戻りつつある」

Twitterより:

翌日


そのほか、いろいろな記録を振り返ると、当時の記憶がまだ鮮明に思い出せます。

4年前の3月11日金曜日。当時から自宅作業が多かったのですが、当日は特に体調がすぐれず、寝室で休んでいました。

そして、14時46分ごろに地震が起きました。

自分が人生で感じたことのない大きな、そして長い揺れが、波状攻撃のように繰り返されました。なお、地元での最大震度は5弱だったそうです。

寝室には大きな本棚が2つあるのですが、ガラスの扉のついた比較的厚い木を使ったほうは地震対策をしていなかったため、そちらを押さえにかかりました。

その一方、もうひとつの本棚からは、本が雪崩を打って崩れてきました。

揺れが落ち着いて、すぐに知り合いに携帯電話でメール。そしてテレビをつけ、ネットで情報収集を始めました。

テレビでは、津波警報が発令されていました。自分の地方には影響ありませんでした。ただ、東北地方の警報が、時間が経つにつれ津波の高さが6m、10m、それ以上と、どんどん上がっていきました。

その間にも余震がありました。そして、テレビで流される津波の空撮映像。

だんだんと呆然としてきました。そんな感覚は2001年の911以来です。

一時、まったく繋がらなかった携帯電話が、徐々に繋がるようになって、家族とも連絡が取れるようになりました。

弟の無事を確認し、母親がパート先から徒歩で帰ってきて、父親からも徒歩で都内から自宅に向かっていることが確認できました。

そして、親戚縁者に東北そして太平洋岸の人がいなかったこともあり、身近には不幸な知らせはありませんでした。

しかし、そうも言っていられません。テレビでは刻々と東北の被害の状況、都内の交通のマヒの状況が知らされます。

ちなみに父親の帰宅は深夜になり、私が車で途中まで迎えに行きました。

そして、2011年3月11日以降、しばらくの間、いろいろなスケジュールが中止や延期になったり、電気に不自由したり、コンビニの品揃えがかなりさびしいものになる日々が、続くことになりました。

あの日以来、私はいろいろ考えました。

私はFPとして、お客様の将来を見据えてライフプラン、ファイナンシャルプランを提案する仕事をしていました。そして、必要に応じて保険商品や投信などの金融商品を案内することもしていました。

しかし、大自然がひとたび猛威を振るえば、人間なんてひとたまりもないのだし、将来のことを考えたプランなど吹き飛んでしまう、と思うようにもなりました。

もちろん、将来のことを考えるのは重要です。将来のことも考えつつ、今、自分ができることは何か、それをコツコツとやるしかいのではないか、そんな思いが強くなりました。

今後も毎年、しばらくの間、あの大震災を思い出すことになるのでしょう。その時も同じ事を言ってると思います。

自分のできることをコツコツとやる。それしかありません。

最後に、震災1年後のブログ:「3月11日の終わりに」

« 学問とは。そして、作文や感想文と大学でのレポートの違いとは | トップページ | 論文とは、他人の意見を知り、それを検証し自分の意見を述べるもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。