« これまでまったくのノーマークだった「本多静六」について調べてみました | トップページ | 履修計画:まずは英語、そして年末までに20単位以上のメドを立てよう »

2015年4月 2日 (木)

投資信託はあまり細かいことを考えないほうがいい

ある人から、投資信託について改めて確認されました。

「再投資型と受取型の違い。特にメリットとデメリットについて教えてほしい。」

というわけで、次のように回答しました。

ご存知のとおり、投資信託は、分配金の取り扱いによって2種類に分けられます。分配金をMRFに入れたり、銀行口座で受け取ったりできるのが「受取型」です。一方、分配金を使って改めて同じ投資信託を自動的に買い増しするものが「再投資型」です。

メリット、デメリットは、次のとおりになります。

受取型
メリット:手元(MRFなど)の現金が増えていく安心感を感じられる。
デメリット:分配金は投資元本から支払われるため、投資信託の評価額に注目しすぎると、運用成果が実感しにくい場合がある。

再投資型
メリット:毎月、投資信託の保有口数が増えていく。また、運用成果は評価額のみに注目すればよく、わかりやすい。
デメリット:そもそも、わざわざ元本から分配金を払い出し、源泉処理されたのちに同じ投資信託を買うことが非効率。

以上です。

私としては、以上のような特徴をふまえて、毎月分配型投資信託なら受取型を、分配頻度が少ないものは再投資型をお勧めします。

以上のような回答をしたところ、納得していただけたようです。ただ、気になることも言ってました。

「ネットで見ると、再投資型が複利なのだから絶対これしかない、と煽ってる」

絶対に再投資型が有利なのなら、商品として受取型というものが生き残っていないはずなんですけどね。

とはいえ、私も投資信託について学び始めたころは、再投資による複利効果と、分配金を再投資することの区別がついていなかったため、正直よく理解できなかったものです。本音を言えば、今も断言できるような理解をしてません。

複利効果を語る前提として、元本が保障されているとするなら、毎月の0.1%の利回りを再投資するほうが、年1回の1.2%の利回りを再投資するより元本が多くなるのは、これは算数の問題として正しいです。

ところが、投資信託では元本は保障されない、マーケットリスクがあるという点で、前提が変わってしまうのです。ましてや、投資信託の場合通常、分配金は利回りで支払われるのではなく、1万口あたりいくらで支払われます。

投資信託の中の人も、年1回、しかも極力分配金を出さない運用方針で行う場合と、毎月1回機械的に分配せねばならない場合とでは、運用の仕方が変わってくるはずです。毎月キャッシュアウトせねばならぬなら、その分の現金を準備しておかねばならず、投資効率はかなり悪くなるはずです。

そもそも投資信託での運用が、本当に複利効果が発揮されているのかどうか、はっきりとはわからないのです。

結局のところ、買ってみて、売ってみた後、結果オーライであれば、投資信託の中の人が何をしていようが、分配頻度が多かろうが少なかろうが信託報酬が多かろうが問題ない、というのが実情ではないか、と最近は思ってます。

アクティブvsインデックス論争しかり。

毎月分配vs年1回分配論争しかり。

投資家本人のスキル、投資哲学、資金需要、あらゆることを考慮したうえで、投資信託など金融商品を選ぶ必要があるわけです。

最終的には、自分で納得した金融商品を買って、外野の雑音に惑わされずに保有すればいいのです。

« これまでまったくのノーマークだった「本多静六」について調べてみました | トップページ | 履修計画:まずは英語、そして年末までに20単位以上のメドを立てよう »

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。