« 履修計画:7月科目試験受験のために英語レポート提出しました | トップページ | 厚生年金基金の代行返上がいよいよ自分に降りかかってきました »

2015年5月11日 (月)

改めて、レポート、論文の書き方について考える

慶應義塾の通信課程での、レポートについて改めて考えます。

総合科目外国語、英語のレポートは、英文和訳とか和文英訳とか英文書き換えとか空白穴埋めなど、言われたことを言われたとおりに解答していけばよいものでした。

なので、大学の学問としてのレポート執筆は、英語以外の科目から本格化することになります。とにかく、レポートが書けるようにならなければ、単位取得への道が遠のいてしまいます。

オリエンテーションで、口すっぱくレポートとはどのようなものか、説明を受けたものの、自分がそれをできるかは別問題です。実際には手を動かし、頭を動かし、レポートを仕上げてみるしかないのでしょう。

では、レポートの書き方をどのように学ぶべきか?

まず、最初に読むべきなのは、テキストといっしょに届いた「通信教育課程学習のすすめ」の12~42ページと、「塾生ガイド2015」の77~91ページでしょう。

次に、上記で紹介されている、レポートや論文の書き方に関する本のうち、少なくとも1冊は手元においておくべきでしょう。以下、紹介していきます。

まずは、「通信教育課程学習のすすめ」18ページより。

澤田昭夫『論文の書き方』

木下是雄『レポートの組み立て方』 Kindle版もあります。
木下先生の本ではほかにも『理科系の作文技術』が有名ですね。

続いて、「塾生ガイド2015」の86ページより。

斉藤孝ほか『学術論文の技法 新訂版』

中村健一『論文執筆ルールブック』
↑これは絶版っぽいですね。

ジョセフ・ジバルディ『MLA英語論文の手引 第6版』
↑こちらも現在品切れで、中古本がインフレ中。

ウンベルト・エコ『論文作法 調査・研究・執筆の技術と手順』

河野哲也『レポート・論文の書き方入門 第3版』
↑当ブログではおなじみ。こちらが、私が願書提出のさいに参考にした本です。

櫻井雅夫『レポート・論文の書き方 上級改訂版』

三井宏隆『レポート・卒論のテーマの決め方』
三井先生のほかの本も良さそうです。特に、卒論が近づいたら必要になるかも、です。

さて、レポートに関して、特に大切なポイントは、大きく次の3つだ、と私は理解しています。

・与えられた課題で何が問われているのか、もしくは自分で何を問うのか、真剣に考える。
・我流を廃する。学問としての論文やレポートの書き方、構成を身につける。
・コピペ厳禁。他人の主張と自分の主張を明確に区別し、他人の主張には出展を明記し敬意を払う。

現段階では以上を踏まえつつ、参考書を読みながら、8月末締切を目標に、テキスト専門科目のレポート提出を目指すことにします。

8月のスクーリングと平行作業になりそうなのが心配ですね。

【追記】

そういえば、オリエンテーションで上枝美典教授が下記の本を紹介していました。念のため追加します。

戸田山和久『新版 論文の教室―レポートから卒論まで』 Kindle版あります。

« 履修計画:7月科目試験受験のために英語レポート提出しました | トップページ | 厚生年金基金の代行返上がいよいよ自分に降りかかってきました »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 履修計画:7月科目試験受験のために英語レポート提出しました | トップページ | 厚生年金基金の代行返上がいよいよ自分に降りかかってきました »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。