« 新・国立競技場が白紙、コンペからやり直しに! | トップページ | 国際分散投資でよい、に至った経緯をどれくらい長く語るべきか »

2015年7月25日 (土)

FBで「いいね!」を1700件もいただいた経緯を考察しました。

奇跡が起こりました。

1700

私が何気なくリンクシェアしただけのFB記事に対して、いいね1700件、シェア178件という大反響(7月25日7時現在)をいただいてしまいました。

なぜこのようなことが起こったのか、経緯を踏まえて考察してみます。

そもそも、この記事の存在に気がついたのは、以下のツイートがきっかけです。

このツイートに気がついたのが、7月19日の夜。

実際に記事を読んだのが、ヤフーニュースです。
ヤフーニュース:「中学男女24人『集団LINEいじめ』解決に立ち向かった父の奮闘実話」

実は、この記事をシェアしようと思ったとき、発信源のほうをシェアしようと考えました。

それが、週刊女性PRIMEというサイトのほうの下記の記事でした。

週刊女性PRIME:中学男女24人『集団LINEいじめ』解決に立ち向かった父の奮闘実話


そして、下記のとおり、Twitter、Googel+、最後に冒頭のFacebookと、それぞれ話題にしました。



上記のとおり、Twitterでは、いっさい反応ありません(^_^;;;



(埋め込みがうまく行かないので念のため、Google+の該当記事)

上記のとおり、Google+でも、いっさい反応ありません(^_^;;;

ここで、私のSNSの活用方法について改めて紹介します。

普段使いでいちばん使っているのはTwitterです。ミニブログとして、ちょっとしたことを書きたいときに使ってます。フォロワーはおおむね700人。

Facebookは、正直、仕事用の名刺交換代わりです。ただ、Twitterをそのままシェアするような使い方はせず、今回のように気が向いたときに生存確認に使ってもらえる程度に記事を書いてます。友達もリアルな知り合いメインにして、そのほかの方のために、フォロー機能を解放したうえで、記事の閲覧も公開にして自由に見られるようにしてあります。19日日曜日の段階で、友達は150人、フォローしてくれている人は65人ほどでした。

Google+は、現在、いちばん使用頻度が低いです。

以上の経緯を踏まえ、話を続けます。


月曜になり、火曜になり、最初はFB友達がいいねしてくれていました。

その後、記事を読んでくれた人の中から、シェアをしてくれる人が現れました。

いいねが、100件を越えたあたりから、勢いがついてきました。

コメントが着くようになったので、丁寧に対応しました。

木曜日あたりには、FBを開くたびに、数分ごとの感覚でアラート表示されるまでになりました。

少しTwitterに話を戻すと、比較的有名な人が、同じ記事を話題にしていました。

そして、金曜日の朝、キュレーターとして有名なあの方も、この話題を取り上げました。

さて。

私自身、正直Facebookに詳しくないため、何が起こったのかわかりかねる部分があります。わからないなりに、なぜ、いいね1000越えをなしとげたのか考えてみました。

いちばんの理由は、旬な話題になるだろう記事を、早い段階で取り上げたから、これだと思います。

なにせ、あの佐々木さんより、5日も早く取り上げていたのですから。

そして、あの記事はいまだにアクセス件数上位にいます。以下の画像は、7月25日朝付けの週刊女性PRIMEのアクセスランキングです。

725

次に、Facebookの仕組みに、うまく乗ったから、というのがありそうです。この部分には推測が多いです。

Facebookは、ニュースフィードに掲載されるかどうかがかなり恣意的に選ばれている雰囲気があります。Twitterのタイムラインならば、一部を除き必ず時系列で掲載されますが、Facebookのニュースフィードを「ハイライト表示」にした場合は、友達のつながり具合などを考慮して重要そうなものから掲載されているようです。

その、重要そうなもの、の判定には、普段からメッセージをやりとりしてるとか、直接プロフィールを見に行っているとか、なども判断材料になっているようです。

そして、中でも、いいねやシェアが増えてきたものを重視してニュースフィードに表示している。

最近のFacebookは特に、友達が何にいいねしたか、何をシェアしたか、わかりやすい仕組みになってます。

このようにして、公開で書いた記事が、友達の友達、さらにはその友達、そしてほとんどつながりのない人にまで広がった、ということです。

そのような好循環が、Facebookだけで起こったのも、興味深いです。

今回、Facebookで「いいね1700件」に到達して、改めて考えたことがあります。

それは、この手の情報伝達は、本当にいくつかの偶然が重なって起こる奇跡なんだな、ということです。

自分としては、リンクのシェアに、たった2行のコメントを加えただけのものが、これほどの反響になるとは思いもしませんでした。

普段、ブログで書くような論が、Facebookでいいねをいっぱいもらえたのなら、もっと別な感動があったのかもしれません。もっとも、ブログをそのままFacebookに乗せるようなことも、普段からしていないのですけど。

情報の拡散は、突然起こる。しかも、自分のコントロールからは離れた状態で起こる。それは、自分にも起こるんだ、ということを、どう考えたらいいのか。

教訓になるのか、再現できるのか、本当にたまたまなのか、まだまだ考えることがありそうです。

【追記】その後、さらにいいね! は2121件、シェアは209件にまでなりました。(2015/07/26現在)

« 新・国立競技場が白紙、コンペからやり直しに! | トップページ | 国際分散投資でよい、に至った経緯をどれくらい長く語るべきか »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。