« AppleMusic便利ですけど理解し難いストレージ不足表示 | トップページ | FBで「いいね!」を1700件もいただいた経緯を考察しました。 »

2015年7月17日 (金)

新・国立競技場が白紙、コンペからやり直しに!

東京オリンピック&パラリンピックが決まって浮かれた1日を過ごしてから、約2年が過ぎてます。この期におよんで、メイン会場のコンペからやり直しになるとは思っても見ませんでした。

当ブログ:2020年、東京にオリンピック&パラリンピックがやってくる!

これもひとえに、金がかかりすぎるデザインを選んでしまったことと、それでも国際公約だから進めてしまえと止める人がいなかったことと、ゼネコンも予算多目で見積もって、突貫だ、緊急だ、重要だと経費が積みあがり、報道では現段階で2520億円、追加設備投資も含めると3000億円とも4000億円とも言われるとんでもない競技場になるところでした。

これも、オリンピックだからいいか、今後50年以上残る施設だからいいか、と優しい目で見ていられる世間の人が、今回は少なかったようです。他の事案よりも内閣支持率に影響していると判断したのか、本日、新・国立競技場をついに白紙撤回することが発表されました。

さて、高い高いと不評だった新・国立競技場、いかに高いのかは以下の記事がわかりやすいでしょう。

ヤフーニュース個人 松谷創一郎:スタジアムの建設費はどのくらい?――予算2520億円の新国立競技場はいかに高いか

以下、松谷氏本人のTwitter。

Twitterではそのほか、海外のメイン会場との比較に関しても情報が流れています。初出はどなたか存じませんが、残っているTweetの中から引用します。

要約すると、競技場、ドーム型球技場は、せいぜい高くても600億円。200億円~300億円の予算があれば、すばらしい競技場ができるはずだ、という理屈です。

もちろん、五輪のメイン会場です。そしてしかも、実際に作るのは国立競技場です。

日本のスポーツ界のランドマーク施設として、多少はお金がかかってもよい、としましょう。

とはいえ、当初予算が1300億円ですから、せめてこの枠内を意識してほしかったものです。

自分は、デザイン面ではこれが実現すればすごいな、とは思ってました。

ですが、その後の予算に関する話が当初予算の倍近く、しかも完成させるにはさらに1000億以上かかるかもしれない、という話になったときに、この案をそのまま実行するのはまずいのではないか、と思うようになりました。

そう思っていたのは私だけではなく、世論調査などでも反対意見が多かったようです。

朝日新聞:新国立競技場、反対71% 建設計画 朝日新聞世論調査
日本経済新聞(Webアンケート):新国立競技場、見直したほうがいい?(クイックVote)

それにしても、ほんの3週間前の6月下旬には、現行案で行く、というのが正式決定したという報道があり、その内容を今月末のIOC総会に報告するとのことだったので、まさか急転直下で白紙、ゼロベースになるところまでは想像できませんでした。

今後、新たにコンペからするようですが、次の新・国立競技場は、ぜひ、驚くほどの予算にならずに実現できる案でお願いしたいところです。

最終的にやっぱり3000億円かかりますとなったら、今回の白紙の判断はなんだったのか、となりかねないでしょう。

« AppleMusic便利ですけど理解し難いストレージ不足表示 | トップページ | FBで「いいね!」を1700件もいただいた経緯を考察しました。 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。