« 履修計画:9月1日レポート締め切り直前を迎えての再考 | トップページ | 5年ぶりの国勢調査はオンライン回答が可能に、を飛び越え推進に »

2015年9月 1日 (火)

今年はちょっと早めにレコード大賞について考えてみます

早くも9月ですね。

最近は通信大学生情報ばかりの当ブログですが、一人の人間、本来はそれだけで収まるわけではありません。

が、優先順位が相対的に他のものが下がっているのは正直なところで、「そういえばあの話題どうなった?」と問われ、視線を切りたい内容もいくつかあります。

ブログを続けるにあたり、「人生のすべてがネタである」という割り切りも必要でしょうが、こうやって端末に向かっている間、「ああ、テキスト(教科書)読む時間が減っていく」というジレンマにも陥っています。

優先順位としては、

・大学生
~~~~~~~ちょっと厚い壁
・自身の資産運用
~~~~~~~ちょっと厚い壁
・いろんなJ-POPをたっぷり聞く
~~~~~~~
~~~~~~~かなり厚い壁
~~~~~~~
・その他

というのが現状です。

もちろん、気晴らしも必要です。なので本日は唐突に、約4か月後のレコード大賞について考えてみたいと思います。

冒頭でYoutubeを紹介しましたが、今年、ほかに何も波乱がなければ、AKB48のレコード大賞受賞は鉄板でしょうね。

波乱には、出場辞退も含まれますが。さすがに受賞3回までは前例があるのでまだ「卒業」はしないと思います。ああ、そもそもEXILEが4回受賞の前例を作りましたか。

もっとも、この曲、久しぶりにいい曲ですよ。指原さんセンターのときは、歌いやすくて踊りやすいみたに、スタッフも気を使っているのかもしれませんが。

AKB48はもともと、前田さん、大島さんが人気を牽引したんだと思いますが、彼女らがセンターをしていたころは、歌はともかく、リズムが早く、疾走感があり、そして意外と激しいダンスの曲がメインでした。指原さん、そして渡辺さんがセンターになると、リズムがちょっと緩い気がします。

相変わらず、売り上げ実績に関してはダントツであり、そこへきて新曲の「ハロウィン・ナイト」でのノミネートであれば、大本命だと思います。

では、対抗馬なんですが、いくつかありますよ。10周年を迎えるのはAKBだけじゃありません。

AAAって、まさか10年、ほぼメンバー変更なしで続くとは思いませんでしたよ。男子5人女子2人混成、しかもほぼ同列でボーカル&ダンスする編成もデビュー当時としては斬新だった記憶が。

(一時期、女子3人だったみたいですね。そのころのことはよく知りません)
(え、trf? まぁまぁ。彼らのボーカルは女子メインだし)

あと、10周年ではなく、シングル10作目だそうですが。

きゃりーちゃん、これだけ頑張ったんだから、この曲でならあり、でもいいと思いますが。まぁ、世界の終わり感が漂うビデオはヤリスギだったのかな? 破局報道が心配ですよ。

そのほか、賞レースに参加しそうな人の中では、西野カナ、家入レオ、いきものがかりあたりが気になるんですが、今年の作品では、どうかな~、いまいちな印象です。

レコード大賞は、根本的には「その年を代表すると思われるよい作品」に送られます。その前提としては広く大衆に支持される、ことが必要ですけど、いちばん売れたから大賞、という単純なものではありません。だったらオリコンやビルボードの年間No.1を表彰すれば十分です。

ノミネートが判明するのは3か月くらいかかるでしょうが、受賞候補がわかったら改めて、大賞予想してみることにします。

あ、たぶん、本人たち次第ですが、クマムシは企画賞、特別賞などは受賞できると思います。

« 履修計画:9月1日レポート締め切り直前を迎えての再考 | トップページ | 5年ぶりの国勢調査はオンライン回答が可能に、を飛び越え推進に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。