« 市の胃がん検診キャンセルの顛末 | トップページ | 年末押し迫ったので改めてレコード大賞予想をしてみましょう »

2015年11月17日 (火)

13日の金曜日の深夜に起きた悲しい事件と宗教学と

なんてことつぶやいていた、約2週間前。

毎月1日営業日が2日以降になる月は、相場の世界では荒れるというジンクスがありますが、いまのところ大したことはないようです。

また、毎月1日が日曜日のときは、約2週間後に不吉な日程がやってきます。

13日の金曜日、というやつです。

身近では大したことは起こらず、この日を不吉な日だと感じる身内もいない状況でしたが、しかし、フランス・パリではとんでもないことが起こってしまいました。

やはり、ここ1週間以内の出来事としては、パリでのテロリスト襲撃により、100人以上が死亡、300人近くの怪我人が出た、というのは、非常にショッキングな出来事でした。

現在、過激派組織IS(イスラミックステート、いわゆるイスラム国)が起こしたと思われる事件が、世界中で多発しています。

ロシア機の爆発事件も、爆弾テロであり、ISとの関連が噂されています。

いずれにせよ、最終的に暴力に訴えるのはよくないことだと思います。

でも、暴力はなくなりません。お互い追い詰められたら、結局は暴力同士の争いになるのです。

フランスは、今後、IS掃討のために、シリアの空爆を強化するそうです。

なぜ、過激な行動はなくならないのでしょうか?

そのヒントになりそうな、「宗教学」という科目を、私は今、スクーリングで受講しています。

その講義からの受け売りを少し書きます。

キリスト教、ユダヤ教、そしてイスラム教はそれぞれ、おなじ神を信仰する一神教の宗教です。

当然、経典は厳密には違います。共通しているのは、「唯一の神が世界を創造し、支配している」とする点です。

一神教の人たちは、自分たちの行動は、すべて神によって筋書きが書かれている、と考えます。

そして、自分が行った行動の是非は、最終的には、最後の審判で下される、と考えています。

なので、腹を決めた人たちは、どんなひどいことも最終的にはしてしまう。それが究極まで進んだ人たちが原理主義者である、とのこと。

講義でもらった資料をさらっと見直して、なるべくシンプルに書きました。あまり細かく書きすぎるとドツボにはまりますし時間も足りません。

世の中、多様な考え方を受け入れようよ、という方向性の変化もあります。やはり人殺しで決着をつけるのではなく、世界共存を訴え、過激思想、原理主義を孤立化させるのにどうすればいいのかについても、考えたほうがいいように思います。

« 市の胃がん検診キャンセルの顛末 | トップページ | 年末押し迫ったので改めてレコード大賞予想をしてみましょう »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。