« 履修計画:10月試験の結果を受けての今後の方針 | トップページ | 履修計画:夜スク大詰めの件と、1月試験申し込み締め切りの件 »

2015年11月29日 (日)

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」に投票しました(追記しました)

昨年度より、投票に参加してます、

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」

に、今年も投票しました。

11月後半でいいやとのんきにしすぎたのと、通信大学生としてのスケジュール調整に手間取り、気が付けば投票締切目前! ということで、突貫で投票しました。

といっても、やることは去年と同じだったのですが。

下記サイトより、東証上場ETFのデータを拝借し、エクセルに貼り付けます。

モーニングスター ETF
松井証券 上場投信ガイド

両方の証券番号をキーにして、1つのレコードにします。
なぜわざわざそうするのかというと、モーニングスターと松井の上場投信ガイドでは、微妙に表示される内容が違うからです。両方を総合的に使うためにエクセルで合成する、というわけです。

ただ、それでも抜ける情報があるので、一部はほかのサイト、例えば日経新聞などのサイトや、各投信会社の情報を確認しに行きます。

そうやって作ったデータベースを、各項目でソートをして、自分が優先する項目に背景色を付けるなどしていきます。

そんな作業を、日本株式、海外株式、海外債券、不動産&REITの各アセットごとに繰り返します。

特に重視した項目は、1単元あたりの購入価格、時価総額、分配金利回り、そして信託報酬です。

1単元あたりの購入価格は、いざ買うときに安いほうがいいですが、さすがに去年と比較すると高くなってしまったものが増えてます。

時価総額が大きいほうが、銘柄の安定性が高いという判断です。時価総額が少ないと、早期の上場廃止を想定しないといけません。ただ、実際には上場廃止までは持つと割り切るのもあり、かもしれません。

分配利回り、これはETFの場合は重視していいと思います。なぜなら分配金が必ず配当所得にあたり、わかりやすいからです。

そして、なんといっても信託報酬です。これが安いものがいいのですが、十分安いものがだいぶ増えてきています。

以上のような自分なりの基準で、ETFを絞っていくのですが、去年の投票のような簡単な話にはなりませんでした。

当ブログ:【投票します(しました)】Fund of the Year 2014

具体的例を挙げてみます。例えば日本株式では、時価総額の大きいETFは1単元あたりの購入価格が高く、信託報酬も高い傾向があります。これはつまり、設定が古い銘柄がそのまま資産が積みあがっていることを示しています。

一方、比較的最近に上場したETFのほうが、信託報酬や1単元あたりの購入価格が安く抑えられています。購入価格が安いほうが、積み立て感覚で買い増しできますが、時価総額がまだ大きくないため上場の継続が担保されるか不安です。

また、自分は高分配のETFを重視するのですが、今回の日本株式ETFにおいては、必ずしも高配当であることをうたわない銘柄であっても分配金が高いものがありました。

以上のような思考を各アセットごとにしつつ、今回は時間が迫る中で、最終的には自分の感性で、日本株式の上場ETFから2銘柄、外国株式、外国債券、REIT関連のそれぞれより1銘柄ずつ、合計5銘柄に1ポイントずつ入れました。

なお、実際の投票は、FOY2015サイトのコード番号一覧にのっとって投票したので、もしかしたら海外ETFに投票したことになっているかもしれません。私はあくまで、現段階では東証に上場しているETFで充分だろうと思ってます。

さて、以上のようにエクセルでごにょごにょ、こねこねしてみて感じたのは、通常のオープン型投資信託ではどうなるかわかりませんが、ETFにおいてのブラックロックiシェアーズの存在感がすごく出てきたな、という点です。

これまでは外国株式や外国債券のETFばかりだった印象ですが、つい最近、日本株式のETFも上場したばかりで、しかもそれがかなり信託報酬安めの設定になってます。しかも、証券会社によっては、自動的に米国源泉徴収の軽減も受けらるようになりました。もしかして、全部のアセットをiシェアーズにしてしまってもいいのではないか、来年あたりには本当にそうなるのではないか、と想像します。

別なis(イスラミックステート)は世界中で危険なことをしていますが、こちらのis(iシェアーズ)は「いいぞ、もっとやれ。」という印象です。

« 履修計画:10月試験の結果を受けての今後の方針 | トップページ | 履修計画:夜スク大詰めの件と、1月試験申し込み締め切りの件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。