« 履修計画:夜スク大詰めの件と、1月試験申し込み締め切りの件 | トップページ | 履修計画:夜間スクーリングの受講が無事に終わりました »

2015年12月16日 (水)

NISA枠を株式でギリギリまで使いこなすコツ

年末が押し迫ってますが、NISA枠、使い切ってますか?

ほとんどの人が、毎月数万円程度の積み立てが精いっぱいであり、年間100万円も新規に金融商品を買うのは、実際にはけっこうな富裕層か、たまたまボーナスが100万円くらいあって使う当てがなく、金融商品買ってしまえ、みたいな人なのかな、と思います。

せっかく、将来の利益が非課税になるので、NISAをうまく使いたいものです。うまく使い切る方法について、考えてみました。

なんといっても一番簡単なのは、1円単位で売買額をコントロールできる、投資信託の活用です。

夏冬のボーナスを合計すれば、100万円くらいある。使い道もない。そんなラッキーな人は、全部NISA枠に突っ込めばいいと思います。

もちろん、NISAに対応する、株式等投資信託を購入する必要があります。たくさん種類があって選ぶのに困るなら、とりあえず日本株式のインデックス系投資信託を選んでおけば無難です。

インデックスって何? そもそも投資信託って何、って人は、現段階でNISA口座を開いているのなら、いないとは思いますけど、大丈夫ですよね???

ところで。

実は私は、NISA枠では投資信託ではなく、上場株式を買ってます。

年間100万円くらいの資金であっても、現代ポートフォリオ運用による分散投資は十分に可能だ、ということを実践するためです。

NISAで上場株式を買う場合のデメリットは、1単元あたりの株価をうまく調整しないと、NISA枠が無駄に余ってしまう、という点です。

もう少し、具体的に、12月の段階でNISA枠が9万円だけ残っているケースを考えます。

厳密に9万円を使い切ることはあきらめます。5000円くらい残ってしまっても仕方ないかな、くらいにアバウトに考えます。

ということは、単元購入するさいの予算が、8万5000円~9万円になるような銘柄で、いいものがあればそれを買えばいい、ということです。

1単元銘柄でまず、予算が8万5000円~9万円の銘柄をピックアップします。

2単元銘柄、つまり、2単元分購入する場合は、1単元の予算4万2500円~4万5000円の銘柄をピックアップします。

3単元銘柄の場合は、1単元予算2万8333円~3万円の銘柄を。

以下、4単元、5単元くらいまで続けますが、良さそうな銘柄のピックアップが十分にたまったら、そこでやめます。

あ、ピックアップのさいに、自分なりの基準を決めておくのは当然です。私の場合は配当利回りの高いもの、という大前提を決めてあります。

ピックアップした銘柄の中から、さらにチャート、四季報、ニュースなどを確認して、買おうと思う銘柄を絞り込みます。面倒な時は、名前を知ってる、くらいの理由でもOKです。

そうやって選んだ銘柄を、えいやっと買います。

私の場合、去年は使い切れなかったNISA枠は3000円ほどでしたが、今年は1000円未満になりました。

以上の、NISA枠の使い切り方、参考になれば幸いです。

« 履修計画:夜スク大詰めの件と、1月試験申し込み締め切りの件 | トップページ | 履修計画:夜間スクーリングの受講が無事に終わりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。