« 履修計画:レポート貯金のボーナスステージを無駄にしてはいけない | トップページ | マイナス金利政策に突入したことで下落相場からの脱出なるか? »

2016年1月19日 (火)

SMAPが5人そろって登場し騒動について謝罪した件

SMAPが5人そろって、謝罪しましたね。

1月13日にスポーツ新聞が速報、14日木曜日発売の一般週刊誌にて詳細が報道された、SMAPの解散騒動ですが、19日月曜日のフジテレビ系列「SMAP×SMAP」に急きょ挟み込まれたライブ放送で本人たちの口から解散報道に関して語ることで、騒動のピークを迎えたように思います。

彼らは確かに、今回騒動を起こし、多くのファン、関係者に不安な思いをさせたことに関して、謝罪の言葉を口にしていました。

ただ、正直に言いまして、今後、確実に5人がSMAPとして活動できると宣言されていたわけではないように思えて、とても気になります。まだ騒動は続きそうです。

おそらく、5人は、SMAPを続けたいという点は一致しているのでしょう。

そして、SMAPを続ける限りにおいては、ジャニーズ事務所を離れることはできないのでしょう。

たぶん、誰かがSMAPを辞めてもいいと思っていたなら、木村さんが最初に語った通り、「空中分解」していたのではないかと思います。

草彅さんは「ジャニー(喜多川)さんに謝る機会を木村くんに作ってもらって、この場に立ててます」と言ってますし、それを受けて木村さんが「何があっても前を向いて進んでいきます」と宣言しています。

ジャニーさんに謝罪し、そしてテレビカメラの前で謝罪した。

5人そろっての謝罪ですから、それだけで十分なのかもしれません。

今後の新しいイベントが発表されるまでは、気が抜けない気もしますが。

私自身は、J-POP大好きな人間として、SMAPは本当にデビュー当時からいろいろ楽しませていただいてました。

「夜空ノムコウ」、「らいおんハート」、「世界に一つだけの花」、「ありがとう」などなど、カラオケでも楽しませていただいてます。

SMAPって昔から、定期的に解散騒動があるのですが、今回はシャレにならないガチでマジかもしれない、と本当に心配でした。

芸能界は人気商売で、事務所が圧倒的に力があるため、人気が落ちてきたら容赦なく切られます。ジャニーズ事務所の中でも、いつの間にか見なくなったグループはいくつもあります。

しかし、SMAPは、そんな雑な扱いをしていいグループではないと思います。

まだ気は抜けませんが、今回のライブ放送による謝罪で、解散騒動が終息に向かっていけばよいな、と思います。

« 履修計画:レポート貯金のボーナスステージを無駄にしてはいけない | トップページ | マイナス金利政策に突入したことで下落相場からの脱出なるか? »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。