« 履修計画:ゴールデンウィーク中にレポート1本完成! | トップページ | 履修計画:4月試験結果通知を受けての振り返り »

2016年5月16日 (月)

結局1日に使える時間は24時間しかないんだ問題

私がTwitterを始めたのは、Twitterプロフィールページのとおり、2009年7月からです。今更ですが、

本当に、上記のように思います。1日に使える時間は限られており、なるべく学業に回したい、レポート書きに回したいので、そのほかの時間を削るしかありません。

意外とミーハーで新しもの好きでもあり、さらにはもともとの経歴としてパソコン雑誌の編集者をやっていたこともあり、PC系、モバイル系の新しいものに関してはなるべく触ってきたつもりでした。

ホームページを業務命令で最初に作ったのは1996年ころですかね?

mixiには、友人に招待して参加させてもらいました。

その後、一時はGoogle+もやってましたが、mixi、Google+は、現在はほとんど閲覧さえしていません。

現在、アカウントを保有し、定期的に利用しているSNSは、Twitter、そしてFacebookです。

Facebookは、ほぼ仕事仲間との連絡にしか使っていません。

そして、自分の中でいちばんしっくり来ているのは、気軽な更新が続けられるTwitterです。

SNS以外に、以前はメルマガもしてました。

ココログは、ココログスタート時からお世話になっており、振り返るとTwitterを始める前後の2009年ごろまでは、月間10数件の更新をしてました。

最近のブログの更新は、いいところ週1回程度でしょうか?

メルマガをやめ、Twitter以外のSNSを辞めたり書き込みを減らしたり、さらにはブログの更新も減らして、できる限り学業のレポートに取り組んでいるわけですけど。

何かに懸命になるためには、ほかの重要度の低いことを削らなければいけないのですね。

そして、何の重要度が低いのか、その選択を間違うと悲惨なことになります。

現在は、とにかく学業のレポートが最優先。その次であろうブログは、頻度を減らしているものの週に1回以上は更新したいところです。

Twitterは、本来息抜きなのですが、息抜きを細切れであちこちに取るために更新頻度は多いです。

もし、ブログも息抜き程度にレベルを落とせば、もっと更新できるのかもしれません。

ただ、この文章も、気が付けば調べ事をしながら30分近くも時間をかけていて、やっぱりブログは時間がかかるな、というのが正直なところです。

エネルギーのかけ方の問題でしょうし、勢いも必要ですね。

« 履修計画:ゴールデンウィーク中にレポート1本完成! | トップページ | 履修計画:4月試験結果通知を受けての振り返り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。