« 履修計画:4月試験結果通知を受けての振り返り | トップページ | 履修計画:早くも夜スク講義要綱到着を受けての今後の予定 »

2016年5月27日 (金)

胃カメラでピロリ菌発見!

実は先日、特定健診よりも少し念入りな人間ドックを受けてきました。

なんと、本日、胃にピロリ菌がいることが発覚。処置をスタートしました。

いやー、まさか自分にピロリ菌がいるとは。1週間の投薬ののち、約2か月後に再検査をすることになりました。

その顛末を、以下に改めてつづります。

当ブログでは、私の健康状態やダイエットの様子などを定期的に話題にしています。今回もその一環です。

昨年、胆のう切除の手術を終え、例年は秋に行うバリウムによる胃がん検診が見送りになってました。

それを受けて、今年は特定健診で済ませずに、入院した病院にて1日人間ドックを受けてみることにしたのでした。

最初に、予約の電話を入れたのが4月の中旬。そのときは、予約を入れられるのが1か月後ということになり、5月中旬に予約を入れました。

1日人間ドックとしては、胃の検診は通常はバリウムによるレントゲンだったのですが、オプションで胃カメラに変更できるとのことでした。

最近ではバリウムによるがん検診よりも、胃カメラのほうが確実だ、などの風評もあり、よい機会なので胃カメラでの検診オプションを付けてみました。

そして、人間ドック当日。

人間ドックでは、あらかじめ準備した検便を持ち込み、受付後に血圧自動測定。検尿。身長、体重、胴回りの計測。その後に胃カメラを受ける人向けの問診を受けました。あまりに細かい内容をいろいろ聞かれるので、今回特に何も問題なければ次からは特定健診でいいや、とその時思ったくらいです。

具体的な細かい内容とは、麻酔を使って胃カメラをやるにあたってのリスクの問題とか、胃カメラそのものリスクの問題とか、です。

その後は、血液採取、眼底検査、心電図、腹部エコー、肺のレントゲンと流れ作業のようにこなして、いよいよ最後に胃カメラを飲むことになりました。

口にマウスピースをはめ、左腕に、点滴で使うような針を打ち、薬の入った注射器をつなぎます。薬が入ります~と言った瞬間に眠っており、起きた時にはすべて終わってました。

そして起きたときに言われたのは、「ピロリ菌検査をしましたので、その結果だけは早めに聞きに来てください。そのほかの結果は1か月後をめどに郵送です。」ということでした。

そして、話を聞きに行ったのが本日午前です。

正直、自分が胃袋にピロリ菌を飼っていたのはびっくりです。

そして、一昨年まではバリウムによるレントゲンをずっと続けてきたのに、ピロリ菌に関してはまったくの無力な検診だったのだな、というのが改めてわかりました。

ピロリ菌は、胃の病気の元と言われている菌であり、これがいると胃潰瘍リスク、胃がんリスクが高まります。

そして近年、このピロリ菌除去は、通常の病院で、3割負担で行えるようになりました。

とりあえず、1週間の投薬を確実に行い、約2か月後の検査に備えることにします。

なお、ピロリ菌の除菌が成功したとしても、今後は、1年おきに、必ず胃カメラによる検診を受けてください、とも。

それにしても、結果を聞いたせいで少し神経を使い、気分が重いです。

« 履修計画:4月試験結果通知を受けての振り返り | トップページ | 履修計画:早くも夜スク講義要綱到着を受けての今後の予定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。