« 履修計画:早くも夜スク講義要綱到着を受けての今後の予定 | トップページ | さっしーのセンターが見たいファン心理が24万票に結実 »

2016年6月11日 (土)

LINEがついに、やっと? 上場だそうですけど

田端氏は、LINEの役員を務める方です。

LINEは、スマホによるコミュニケーションアプリとして有名な、あのLINEです。以前より上場の噂はあったのですが、このたび、無事に上場される運びとなりました。

ところで、この会社、調べてみるといろいろ面白いことがわかります。私は細かく調べる時間がないので、1点だけ。この会社、実は、あの「ライブドア株式会社」の事業を継承しているのですよね。

ちょっとわかりにくいですが、LINE株式会社の沿革紹介ページに、ライブドア株式会社についても掲載されてます。

LINE株式会社:沿革

ライブドアは、元々は堀江貴文さんが社長をしていた、あのライブドアです。

2005年ごろの、プロ野球新規参入や、ニッポン放送買収騒動が懐かしい、あのライブドアです。

小泉内閣での、郵政改革時の株価上昇時期に、話題の頂点だった銘柄です。

2006年に、堀江さんは逮捕され、のちにそのときの嫌疑で裁判を受け、実刑服役されたわけですけど。

本当に長かったですね~。

つまり、上場のその経緯からも、そしてIPOの規模からいっても、直近の株式市場の話題をさらう大型案件なのです。

もっとも、IPOなどはいまどきはほぼくじ引きだし当たるとも限らないケースがほとんどですし、上場直後はデイトレのおもちゃになるのが目に見えているので、ゆっくりのんびり投資するには向かない銘柄になるのでしょう。

もちろん、上場することにより、LINE株式会社は、資本政策を打ちやすくなります。上場で得たお金を、今後どう使うか、ちゃんと会社の成長につながる見込みが見えればよいのでしょうね。

日経平均が相変わらず逆張り相場なので、ここらで景気のよい話がぶちあがり、なんとか下落傾向に歯止めがかかってほしいところです。

N225160610

« 履修計画:早くも夜スク講義要綱到着を受けての今後の予定 | トップページ | さっしーのセンターが見たいファン心理が24万票に結実 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。