« イギリスの国民投票EU離脱派勝利で混乱中でも運用は続く | トップページ | 履修計画:7月~8月の予定および願望 »

2016年7月 4日 (月)

履修計画:7月試験を終えての反省会

4月以来の三田でした。

慶應義塾大学通信教育課程文学部に在学して、1年と4か月目になります。2016年7月2日~3日にかけて、自身5回目の科目試験を受験しに行ってきました。

毎度恒例、受験科目の振り返りをしたいと思います。

●2016年7月2日(土)午後

土曜日は、前回のリベンジ。A群の東洋史概説Ⅰを受験してきました。

前回は玉砕。名前と、問題用紙の体裁を整えただけで終わってしまい、最初からDame評価を予感させその通りの結果でした。

今回は、受験対策期間の間にテキスト1回の通読と、過去問題を使った試験対策をそれなりにできたように思います。

もっとも、科目試験は資料の持ち込み不可であり、自宅で勉強する際にはどうしても資料を見ながらペンや鉛筆を動かすことをしがちで、これでは実際の試験対策にならんだろ、と思いながらもどかしく感じていたものです。かといって、テキストを閉じて記憶だけで書こうとするとなかなか書けない。文章が書けないならまだしも、比較的簡単な漢字を度忘れするなど、不安なまま試験本番に向かってしまいます。

実際の試験ですが、大問1つ、小問2つの、いつもどおりの体裁で、特に大問と小問1つは覚えていた範囲が出題され、なんとかいろいろと書けたように思います。小問残り1つは、ちょっと思い当たりませんでしたが記憶の限りを尽くしてワンポイントだけ書きました。

ClearかDameかの境界線という感じでした。ただし、前回と比較してかなりの進歩があったと自分では感じていて、このまま何回か試験のための勉強を繰り返せばいつかは受かるだろう、と思えました。

初日は、A群のみでした。

●2016年7月3日(日)午前

日曜日、実は、初めての2科目連続受験となりました。これまでは2日に分けて2科目とか、間に1科目分の休憩を挟んでの2科目受験とかばかりでした。移動が心配でしたがなんとかなりました。

まずは、D群の歴史哲学でした。初受験でした。

大問1つが出題され、それについて20行以内で書くという、制限付きの論述問題でした。

実は、歴史哲学の7月試験は、どうもサービス問題のようで、毎年ほぼ同じ問題が出題されてます。
しかも、その問題は、レポート課題と非常に関連が強い内容になっています。
でも、本当に毎年同様に出るのだろうか、ましてや今年はひねりがあるのだろうか、と難しく考えてしまいそうです。
私としては、例年の出題傾向は気にしつつも念のためテキストの通読をし、ほかの過去問題を参考にして回答できるよう、備えました。試験直前までにテキスト通読2回をこなせたのがいい感じでした。

いざ、実際の試験問題に向かうと・・・やっぱりあの問題でした。

そうだとしても、では、あの問題をどこまで書けばいいのか、漏らしてはいけない内容は何なのかが、次の課題になります。当然、資料持ち込み不可なので、記憶の範囲でしっかりかけなければなりません。

自分としては、現段階でのできる限りのことはかけたつもりです。最低でもClearしているのでは、という手ごたえを感じてます。

いい感じでD群を終えたので、気持ちよくE群の試験に迎えました。

E群は、日本史概説Ⅰでした。こちらも初受験でした。

こちらの試験もまた、傾向がはっきりしていて、大問1問目は中世の平安時代末期以降織田信長登場以前までを、大問2問目は近代の江戸時代末期以降を問われます。

実際、この科目は放送大学のテキスト2冊分になっていて、試験範囲が広大で、事実上、過去問題を確認してその範囲のテキストを探って読んでノートを作る、程度の対策しか打てませんでした。

前回、東洋史概説Ⅰの玉砕を経験しているため、今回、似た歴史系科目ということもあり、玉砕覚悟で試験に臨みました。

結果、中世に関しては大枠を覚えていた範囲が出題され、近代に関しては記憶にもないキーワードが出題されて少し焦りました。

ただ、2問目は近代である、近代であるならあのあたりだろう、みたいなめどをつけて、覚えてる範囲のことを書きました。振り返ったとき、肝心なキーワードが盛り込めなかった点だけ悔やまれます。

こちらも、ClearとDameの境界線、という印象です。

●総括特に反省点

以上のように、自分の手ごたえとしては、それぞれ健闘できたかな、という思いです。なんとか毎回の試験で最低1科目以上の単位積み上げを続けられたかな、とも思っています。

今回の科目試験に向けての勉強では、反省すべき点があり、後悔していました。

今回は、試験日が近づくにつれて、勉強への意欲がすごく薄れてしまいました。特に6月下旬、26日以降のモチベーションがかなり低くなってしまいました。

これは、試験勉強重視にシフトするのを早くしすぎたために、勉強に飽きてしまったのではないか、と分析しています。

そして、どんなに勉強しても、実際の試験本番では資料持ち込み不可の状態で、与えられた設問に対して、1時間で、しかも手書きで論述しなければならず、当日にまったく想定外のものが出題されたらアウトだ、というプレッシャーを感じてしまったようにも感じます。

本番は、当たって砕けるしかないのですけどね。現段階でできる限りのことをやり、ダメだったら次回再チャレンジする。それしかないですよね。

まず、1科目でも単位を積み上げる。それが自信になり、次につながります。
私もそうやって、次回につなげていきたいと思います。

« イギリスの国民投票EU離脱派勝利で混乱中でも運用は続く | トップページ | 履修計画:7月~8月の予定および願望 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イギリスの国民投票EU離脱派勝利で混乱中でも運用は続く | トップページ | 履修計画:7月~8月の予定および願望 »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。