« 履修計画:7月試験を終えての反省会 | トップページ | 都民のみなさん、参院選に引き続き都知事選ごくろうさまです »

2016年7月 8日 (金)

履修計画:7月~8月の予定および願望

科目試験が終わり、やっとこさ、次のことを考える余裕ができてきました。

4月の科目試験の直後は、何も考えない日を数日作りました。今回の7月は、8月以降レポート課題へ取り組むのが難しくなるため、なるべくすぐに切り替えてレポートに取り組みたいところでした。しかし、実際にはそうはいきませんでした。

下手をすると、去年の二の舞、8月下旬のぎりぎりに1科目だけレポート提出ってことになりそうです。

とりあえず、現段階での願望を込めた予定について、書いてみることにします。

●7月科目試験受験、結果待ち

A群:東洋史概説Ⅰ(二類) レポート合格済み、再受験、手ごたえ微妙
D群:歴史哲学(二類) レポート合格済み、初受験、手ごたえあり
E群:日本史概説Ⅰ(二類) 第1回レポ返却待ち、第2回レポ合格返却、初受験、手ごたえ微妙


●取得済み単位

総合教育科目:40単位(学士入学により認定)
外国語必修(8単位):4単位(英語Ⅱ、英語Ⅲ)  残り4単位

文学部専門科目
一類(必修:28単位以上):13単位 必修クリアまであと15単位
二類、三類:ゼロ単位

※専門科目全体(68単位以上):13単位 残り55単位
※専門科目テキスト(40単位以上最大56単位):5単位 残り35単位

※スクーリング要件(15単位以上最大32単位):8単位  残り7単位

獲得単位合計 57単位   残り59単位および卒論8単位


●テキスト通読状況

B群:西洋哲学史Ⅰ(一類) テキスト通読終了、レポート課題図書通読中
C群:科学哲学(一類) 通読開始
A群:新・西洋史概説Ⅰ(二類) テキスト通読終了
D群:史学概論(二類) テキスト通読済み、レポート着手ペンディング


●放送授業

D群:英語W 第12回まで受講済み。
E群:英語R 第12回まで受講済み。
※英語必修テキスト扱い、かつ、スクーリング振替扱い


●夏季スクーリング

第Ⅰ期 哲学特殊(法学部:政治思想論)、一類
第Ⅱ期 日本史概説 二類
第Ⅲ期 哲学史 一類


●夜間スクーリング

英語RWともに履修申告。曜日未定。
※英語必修スクーリング分


以上です。

昨年と違うのは、やはり放送英語ですね。

自分としては、大学に入学する前からTOEIC受験などしつつ英語の勉強をしていましたし、定期的にコツコツ英語の学習をするにはいいのですが、その分、やはりほかの科目のレポートへ取り組む時間が削られます。

要領のいい人ならば、数週間貯めて、まとめて聞く、みたいなこともするのでしょうね。

おそらく、どの授業をどんなタイミングで聴いてるか、アクセスログが残るはずなので、平常点がどれほど加味されるかわかりませんが、ちゃんと配信された週に聞くようにしています。

特に、放送英語Rのほうは、教科書を読み、精読で訳していくので、意外とノートをとるのが大変です。

また、放送英語Wは、基礎ができてるものとして、パラグラフライティングに取り掛かっているため、正直手ごたえがよくわかりません。

そんな、放送英語と並行して、テキストのレポート作成に取り掛かっているのですが。

自分の興味のおもむくままに、レポートが楽かどうかあまり考えずに西洋哲学史Ⅰに取り組んでいるため、正直、課題図書を読むのがかなり遅くて先が思いやられます。

そのうえ、約1ヵ月後に迫った夏季スクーリング用の参考図書も手元に揃い、それも並行して読んでおかなければならないとも感じています。昨年のような、1科目Dame判定を食らう二の舞をしないためにも。


最後に、直近のスケジュールです。

毎週金曜日ゼロ時 放送英語RW最新回配信
2016年7月19日 夜間スクーリング、週末スクーリング履修申告締め切り
2016年8月上旬 放送英語RW、レポート課題発表
2016年8月4日 夏季スクーリングオリエンテーション(日吉)
2016年8月5日~24日 夏季スクーリング(日吉・三田)
2016年9月1日 10月科目試験向けレポート締め切り
2016年9月26日~ 夜間スクーリングスタート(三田)
2016年10月15日、16日 科目試験(放送英語RW中間試験あり)
2016年10月31日 放送英語RW、レポート締め切り

今回、夏スク6単位分、夜スク2単位分を無事に獲得できれば、スクーリングに関する卒業要件はクリアすることになり、来年以降の履修はとにかくテキストに専念できることになるため、8月はとにかくスクーリングを頑張らねばなりません。

なので、レポートは7月が勝負です。

« 履修計画:7月試験を終えての反省会 | トップページ | 都民のみなさん、参院選に引き続き都知事選ごくろうさまです »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 履修計画:7月試験を終えての反省会 | トップページ | 都民のみなさん、参院選に引き続き都知事選ごくろうさまです »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。