« NISAを改良した積立NISAはインデックス投資家に受け入れられるか? | トップページ | 履修計画:秋冬スクーリングスタートにあたって今後の履修方針 »

2016年9月 9日 (金)

iPhone7はSuicaが正式スタートしたら、買いま~す!

ついに、iPhoneがおサイフケータイ並みになります\(^o^)/

詳しくは、10月下旬まで待て、って感じです。

9月7日深夜に、iPhoneの最新モデルの発表会がありました。

iPhone7、およびiPhone7Plusが発表され、それぞれ、日本ユーザー好みの機能が追加されました。

その最たる機能が、モバイル決済機能です。いわゆるおサイフケータイです。

発表当初は、フェリカ搭載、でもApplePay対応とのことで、少々自分の中で混乱し、消化不良気味でした。

ですが、徐々に関連情報が集まるにつれて、これまでのモバイルSuicaと同様、タッチするだけで改札を通過したりコンビニのレジで決済したりできるようになる、とわかってきました。

待ってたんです。iPhoneでできるようになることを。

私自身は、通常のNTTドコモのガラケーで、Suicaはもちろん、Edy、WAON、QUICPay、iDを使ってます。

アップルの説明によると、Suica以外にも、QUICPayとiDにも対応するようです。そして当然ですが、日本国内でのApplePay対応。

アップルとしては、Suicaを足掛かりにして、将来的にはApplePayが使える端末を増やし、海外客はそちらに流れてもらう、って腹かもしれません。

それでも、電車の改札がSuica互換オンリーであるには違いなく、本来は海外版iPhoneでも対応してくれるほうがよいのでしょうが。

現段階ではもう一息情報が少ないので、発売開始と同時にiPhone7を買うことはしません。

おそらく、iPhone7Plusのほうを買うことになるでしょう。

そして、現在、ガラケーとiPhoneの2台持ちであるのを、どうするか、どのように電子マネーを移行できるのか、じっくりと検討準備してから、買うことになると思います。

« NISAを改良した積立NISAはインデックス投資家に受け入れられるか? | トップページ | 履修計画:秋冬スクーリングスタートにあたって今後の履修方針 »

クレカ&電子マネー」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。