« 履修計画:全配本を受け取ったので今後の履修を科目試験前に考えてみる | トップページ | 生みの苦しみと息抜きの狭間で »

2017年4月11日 (火)

大学で要求された英語の努力について改めて考える

4月8日、9日は、定期の科目試験日でした。

私自身は、4科目を受験しました。そのうち2科目は、放送英語R、Wでした。

今回で、大学における英語科目の単位獲得のめどが立ち、大学英語の履修が一段落しそうです。

もっとも、大学での英語が一段落しても、実際に英語をモノにするには、引き続きニュース英語などに親しむなど、読み書き聞く話すの訓練は続けなければなりません。

そこで今回、大学生として要求された英語の努力レベルについて、改めて考えてみることにします。

慶應義塾大学の通信教育課程では、学士入学であろうとも、総合教育科目の一部である外国語の単位取得が必須となってます。これは、ほかの大学で学士入学する場合に総合教育科目が外国語を含めて履修免除になるケースが多いのと比較して、特徴的な部分です。

具体的には、テキストを利用した履修を6単位分、スクーリングによる履修2単位、合計8単位分を取得する必要があります。

なお、テキストは、4科目(8単位)分が配本され、学生の語学力に応じて、その中から好きな科目2~3科目を選択する仕組みになってます。

さらに、スクーリングのリーディング、ライティングを各1単位ずつ、履修する必要があります。

その他に、私が受講したような、ネットを活用した放送英語という授業があります。この放送英語の履修はスクーリング扱い、かつテキスト履修扱いになってます。

以上の科目から、テキスト相当6単位、スクーリングを2単位、習得する必要があるということです。

ここで、配本された『英語Ⅰ』というテキストの中から、慶應義塾大学通信教育課程においてどのような英語が要求されるのか、引用してみます。

基本的に、「英語の学習にまず必要なのは、積極性と根性である(p.i)」とし、福澤諭吉先生が独力により英語学習を実行したエピソードが『福翁自伝』に載っていることを紹介しています。

積極性と根性ということですが、具体的には何をできればいいのでしょうか?

「恐らく最も効率的に英語を学習する手段は英文を読むことである。しかもなるべくたくさん読むことを心掛けることである。(中略)ひと月に200頁から300頁ぐらいの洋書を読むことを薦める。(p.237)」

このアドバイスを読んだとき、正直かなりビビりました。

今、手元に、放送英語リーディングで利用した、キャサリン・マンスフィールドの短編集があります。この本の中の「ガーデンパーティ」「蝿」「理想的な家族」の英文を、放送英語では約1年かけて、もう少し厳密には毎週25分ずつ40週にかけて読んだのですが、たったの40ページしかありません。

授業では扱わなかった短編を含めても、全部で93ページしかありません。この程度なら、2週間以内で読めるようになってくれ、ということです。

頭がクラクラしそうですが、もう少しどれくらいの分量なのか改めて考えてみます。以下、最低目標である1か月200ページを、もう少し細かく分析します。

1か月に20日間の英語の勉強を取ると仮定すれば、200ページを読むために1日10ページを読み進める必要があります。

上記の3作品のテキスト量は、おおよそ10000ワードあります。つまり1ページ250ワードです。

上記3作品を、ネイティブの人が音読したMP3が検索するとみつかりますが、40ページ分の音読時間はだいたい68分です。これは、おおよそ1分に150ワードのスピードです。

以上から、次のことが読み取れます。

まず、1か月に200ページを読むとは、1日に10ページ、おおよそ2500ワードの分量を読むペースである。

そして、ネイティブは10ページ、2500ワードを17分で音読する。おそらく、内容も即座に理解している。

もし、ネイティブ並みの英語力を目指したいという場合は、上記の通り、辞書なしで10ページを20分以内で意味を取れるようになりたい、ということになるのでしょう。

振り返って、現段階ではかなり無理です。おおよそ1ページを読むのに2~3時間、辞書とにらめっこしながら読むのがやっとだからです。

やはり、英語の学習は、まだまだ続けなければならないな、という思いが強くなりました。

ただ、単位取得のための英語学習は一段落ついたので、今後はマイペースに、自分が興味のある英文を読んでいければ、とも思ってます。

近日中に、英語の履修が終わったことを前提とした、今後の履修方針について改めて書く予定です。

« 履修計画:全配本を受け取ったので今後の履修を科目試験前に考えてみる | トップページ | 生みの苦しみと息抜きの狭間で »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 履修計画:全配本を受け取ったので今後の履修を科目試験前に考えてみる | トップページ | 生みの苦しみと息抜きの狭間で »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。