« 履修計画:夏スク、夜スク講義要綱発表を受けての今後の予定 | トップページ | Mr.Childrenのデビュー25年のお祝いは配信限定ベストアルバムだけなのか? »

2017年5月 4日 (木)

GWなので別な話題、と思ってもどうしても学業ネタになる昨今

ゴールデンウィーク真っ只中ですが、昔からの習性で、みんなが休んでそうな時期に遊ばずに追いつこうとするタイプです。

久しぶりすぎて、レポートの書き方を忘れそうになっていました。

ここで言い訳について補足しておきます。

昨年の7月20日、夏季スクーリング目前のタイミングでレポートを1本書きました。その後、夏スクスタートまで約2週間しかなく、新たなレポートの準備さえかないませんでした。

8月。夏スクに参加しましたが、なんと第二期の最終日に体調を崩して、試験を受け損ねるという大失態を犯しました。そこで、追試験について手続きを調べて、申し込むことにしました。

追試験の日程は、9月24日でした。なので、夏スクが終了した8月下旬以降、本来なら放送英語RWの合間にレポート執筆をするはずが、追試験の準備をしなければならなくなりました。

追試験終了後の翌週からは、夜スク英語RWがスタート。覚悟はしていましたが、その宿題、講義以外で準備せねばならないことがすごいことに。

さらに、10月14日の科目試験もありました。そして、9月から10月にかけて放送英語RWそれぞれのレポート提出があり、試験が終わった後も夜間スクーリングの毎週の課題をこなすので精いっぱい。

12月、夜スクが終わった後は1月試験の対策を重視。

1月、試験が終わった後、いよいよレポートに取り掛かれるところですが、その中で再提出期限が迫っていた1本を優先していたら、思いのほか手間取り、その再提出を終えたのが2月20日。残り約1週間で新規レポートを出すのは無理でした。

で、4月試験を終え、落ち着いたところでレポートに取り組み、5月になってやっと提出できた、というわけです。

当初から心配だった、英語のスクーリングの4本の平行受講(放送英語RW、夜スク英語RW)が、予想した通り非常に重い負荷となったのでした。そのうえ、夏スクの追試験というおまけの負荷まで付きました。

以上のような事情から、なんと気が付けば、10か月もの間、新規のテキストレポート提出ができない状態になっていました。

過ぎたことは仕方ないので、今後は、もっとペースを上げてレポートを提出したいと思います。

スクーリングの単位は、最低限卒業に必要な単位獲得まであと1科目分に迫っているため、通信課程本来のテキスト単位の獲得を、今後はもっと重視せねばなりません。

« 履修計画:夏スク、夜スク講義要綱発表を受けての今後の予定 | トップページ | Mr.Childrenのデビュー25年のお祝いは配信限定ベストアルバムだけなのか? »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。