« 履修計画:10月科目試験結果発表を受けての今後の方針 | トップページ | 履修計画:夜スクが終わり、今後はテキスト履修に専念します »

2017年12月 5日 (火)

流行語大賞発表と、日本有線大賞終了で思うこと

新語・流行語大賞が発表されたり、日本有線大賞が発表されたりと、12月らしい行事が行われ、年末という雰囲気です。

上記のとおり、今年の流行語大賞は、「インスタ映え」と「忖度」でした。

写真に関するムーブメントは、定期的に起こるようです。自動ピント調整一眼レフの登場、インスタントカメラブーム(ポラロイド)、フィルム付き単焦点レンズ付きカメラ(写ルンです)ブーム、シール作成ゲーム機ブーム(プリント倶楽部)、チェキブーム、カメラ付き携帯電話登場(写メール)、そして今回は写真コンテンツメインのSNSによるブームです。

もともと、スマホのカメラで、画像が簡単に加工できるようになっただとか、どこへでもスマホを持ち歩いて、思ったときにいくらでも写真が撮れるようになった、など、写真が手軽になる流れがありました。

今回の「インスタ映え」に関しては、さらに、どうせ撮影するなら記念になるもの、思い出に残したいもの、撮影すべきものを探す、といった欲求、さらにはそれを人に見せたい欲求の相乗効果が働いたことによるブームかと思います。

SNS以前であれば、写真は基本的に紙焼き、もしくは印刷して手元に持ち歩き、身近な人に見せるしか用途はありませんでした。それが現在は、ボタン一つで全世界に公開可能です。遠くにいる友達や、ご無沙汰になってる知り合いに一気に見せることが可能です。

インスタ映えは、まさに現在だからこそのブームかな、と思いました。


「忖度」ですけれど、言葉としてちょっと難しいこの二文字は、たしかに今年一気に広がった気がしますが、そもそも私たちは、相手の気持ちを考えて行動するように、と、ことあるごとに言われます。

また、2016年8月に、天皇陛下のおことばのビデオが公開され、その後、2019年4月末で天皇退位、新天皇即位の流れが速やかに出来ました。これこそまさに忖度でしょう。

他人の気持ちを推し量り、それに則って行動する。でも、そればかり考えて行動するのも窮屈であり、人によっては不満を貯める。そんな世相が「忖度」という言葉を再発見させた、というのが実情かもしれません。


さて、一方、日本有線大賞ですが、こちらは50年の節目をもって、テレビ中継を終了するとのことです。

残念な気持ちでしたが、今年の大賞受賞者が、氷川きよしさん、しかも9回目の受賞だと知らされたときには、ああ、テレビ中継終了も仕方ないかも、と正直思いました。

ここ数年、年末に各テレビ局が、音楽ライブ番組を中継するのが流行しています。

日本テレビ系列は「ベストアーティスト」、「ベストヒット歌謡祭」
フジテレビ系列は「FNS歌謡祭」
テレビ朝日系列「ミュージックステーションスーパーライブ」
など。

そんななか、TBS系列は似たような時間帯に、音楽賞レースを2回も放映しており、普通の年末音楽番組にシフトしたい意向があったのではないか、とも感じます。

いよいよテレビ中継がなされる音楽賞レースは、レコード大賞のみになりますが、もしかしたらレコード大賞の中継も見られなくなる時が、意外と早く来てしまうのかもしれません。

« 履修計画:10月科目試験結果発表を受けての今後の方針 | トップページ | 履修計画:夜スクが終わり、今後はテキスト履修に専念します »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。