« 新年のご挨拶 | トップページ | Twitterのスレッド機能がやっとONに »

2018年1月 2日 (火)

レコード大賞は乃木坂46、紅白歌合戦は白組勝利

年末は、恒例の歌番組をいつもどおり楽しみました。

まず、30日はレコード大賞。

そして大晦日は紅白歌合戦。

私としては、この2つを見られればだいたい満足です。
が、世論的には、厳しい面もあるようです。

レコード大賞は、視聴率低迷により、放送日程を1日前倒ししてから10年以上が過ぎました。以来、視聴率の面では最悪を脱しているはずですが、常に打ち切りの噂が流れるようになってます。エビデンスのない単なる噂ですが、このような噂が流されてしまうのは、視聴者側の、受賞楽曲への納得感が低いことも無縁ではないでしょう。

2017年であれば、本来なら星野源さんがレコード大賞を受賞してもおかしくなかったはずです。2016年末~17年前半は「恋」ブームでしたし、新曲「Family Song」も、しっかり売れて結果を残していました。

乃木坂46は、たしかにAKBに次いでCDが売れるアイドルグループであり、今回の受賞曲「インフルエンサー」は楽曲もダンスもすばらしいものがありました。だから、ファンならこの受賞は大喜びでしょうし、普通にJ-POPを広く聞く人にとっても納得の受賞だったと思います。

また、レコード大賞に参加しない歌手が、結果的に多すぎます。ジャニーズ系、アミューズ系、そのほか、賞レースから距離を置く歌手などなど。

番組としてちゃんと成り立たせるために、ノミネート歌手として出演できる人を確保しないとならない。つまり、出演歌手の中かから大賞が選ばれる。

以前は、大賞を取れば数年で賞レースを卒業したものですが、氷川きよしさんやAKB48は、大賞受賞後も出演し続けています。もし、活動再開したEXILEが出演するなら、半分近くが大賞受賞経験者みたいな事態になる可能性もあります。

そんなことを回避するためには、やはり、毎年の歌の流行りの実感として合う歌手たちが、しがらみ無く、互いにリスペクトできるような仕組みの賞レースにしたほうがいいのではないかと思います。

さて、紅白歌合戦ですが。

今回の、2017紅白歌合戦は、見ごたえあったと思うのですよ。安室奈美恵さんも出演しましたし。

しかし、視聴率は残酷にも、40%割れでした。
残酷とか言っちゃいましたが、普通の音楽番組であれば充分にバケモノ的な、すごい視聴率です。

これを、回顧的に「昔は80%だったのに~」というような比較をすることで、紅白不要論にするのは不毛かと思います。

年末年の瀬を、歌番組で過ごす、という形は、ぜひ残してほしいです。

ただ、紅白対抗ってのは、たしかにもういらないかな、と思います。

1年のしめっくりとして、年間にどんなことがあり、そのときどんな歌が話題だった、みたいな歌番組で十分なような気がします。

« 新年のご挨拶 | トップページ | Twitterのスレッド機能がやっとONに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。