« いまさらですけどAKB総選挙雑感 | トップページ | 履修計画:7月科目試験の終了を受けての今後の予定 »

2018年6月30日 (土)

サッカーW杯ロシアで日本が決勝トーナメント進出

サッカーのワールドカップロシア大会。グループリーグが終了し、今晩より決勝トーナメントが始まります。

日本は、といいますと、グループリーグを結局のところ1勝1分1敗の勝ち点4となり、得失点差、総得点でもセネガルと同点となるという非常に僅差の争いを行いました。

最後は、今大会から導入されたフェアプレーポイントというシステムにより、日本がそれでセネガルを上回り、決勝トーナメント進出という結果になりました。

しかし、今回は、結果オーライとは行かない状況になってます。グループリーグ最終戦の試合運びが物議をかもしているのです。

実際、当日の試合はライブでテレビ観戦をしましたが、ラスト10分ほどは、本当につまらない試合となりました。

ポーランド相手に、日本は0対1と負けてました。

試合前の段階では、日本は引き分け以上で自力で決勝トーナメント進出となり、敗戦した場合は、もう一方のコロンビアvsセネガルの結果次第で決まる、という状況でした。

したがって、決勝進出を確実にするためには、せめて1対1にしなければなりません。

ところが、コロンビアvsセネガルにおいて、コロンビアが1点取って勝っている状況が伝わると、状況が変わります。

先ほど取り上げたフェアプレーポイントを加味した状態で、日本が決勝トーナメント進出ラインに浮上したのです。

さて、どうする???

ここで、日本は無理して得点を取らない選択をしました。

一方、決勝トーナメント進出の望みがなく、リードしていて初勝利が見えているポーランドも、無理に追加点を狙わない選択をしました。

それが、試合の終盤おおよそ10分、パス練習と揶揄されるボール回しとなりました。

コロンビアvsセネガルが、このまま1vs0で終わる確証はなかったはずですが、それを願って日本は消極的戦法を取り、ポーランドも無理しませんでした。

ポーランド側が空気を読まずにもう1点を取るべく、そのつもりで厳しくボールを追っていれば、また状況は違っていたかもしれません。

最終的には、ポーランド 1 vs 0 日本、 コロンビア 1 vs 0 セネガルでそれぞれ試合が終わり、既報のとおり日本はグループリーグ2位で決勝トーナメント進出となりました。

日本は、W杯6回目の出場にして3回目の決勝トーナメント進出となりました。これは非常にめでたいです。まだこの後も日本戦が最低でも1試合見られるのはうれしいです。

一方、グループリーグ最終戦の日本の戦いが、テレビで見ていて非常につまらなかったという感想になったのも否定できません。

ただ、日本は過去に「ドーハの悲劇」という、ロスタイムで同点にされてしまってW杯初出場を逃すという経験もしています。西野監督は、「マイアミの奇跡」という、アトランタ五輪でブラジルを破る大金星を挙げたたのに、グループリーグで勝ち点6を挙げたのに敗退するという経験もしています。

当然ですが、敗退よりも先に進めるほうが優先であるには違いありません。

納得できない人が多いようですが、結果オーライということで、気持ちを切り替えて次の試合を楽しみにしたいと思います。次からはいよいよ、負けが許されない決勝トーナメントです。

« いまさらですけどAKB総選挙雑感 | トップページ | 履修計画:7月科目試験の終了を受けての今後の予定 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。