« サッカーW杯ロシアで日本が決勝トーナメント進出 | トップページ

2018年7月 9日 (月)

履修計画:7月科目試験の終了を受けての今後の予定

全国的には大きな災害となった大雨でしたが、関東近辺は梅雨明けしていたためか、それほど強い雨にはなりませんでした。

ましてや、日曜日の暑かったこと。

そんな天気のなか、7月7日土曜日~8日日曜日にかけて、3か月サイクルの恒例、通信課程の科目試験を受験してきました。

今回も、現段階での試験の手ごたえと、今後の予定について考えてみます。

●2018年7月科目試験受験 結果待ち

B群 漢文学Ⅱ 初受験 手ごたえまあまあだが合格ラインが不明 
C群 中国文学史 2回目の受験 手ごたえ前回よりはいい
F群 西洋哲学史Ⅱ 4回目の受験 手ごたえ微妙も内容は進歩

3科目ともレポート合格済みであり、科目試験が合格できれば、晴れて単位獲得になります。

まずは7月7日土曜日です。

B群の漢文学ですが、こちらは実は過去問題が公開されていません。私自身、周りにこの科目の履修経験がある知り合いがいないために、まったく傾向がわからずに受験しました。実際の試験内容は、とにかく教科書を読めるようになっておけば問題ない、というものでした。仮に今回の試験でC評価以上の及第をいただけなくても、次回はがっつり対策ができる内容でした。問題は、合格ラインとしてどの程度の解答が期待されているかだけです。

C群の中国文学史は、2回目の受験でもあり、公開されている過去問題を元に傾向は掴んでいました。あとは、自分の得意な部分が出れば問題ないな、と思っていました。今回は、前回よりもしっかりと文量が書けたのと、とんちんかんなことは書いていないという自信があります。ただ、手ごたえが良くても、採点者がもっと詳しく、もっと細かくを要求するのなら不合格もありえます。

土曜日受験に関しては、いまのところは楽観的に考えています。C判定の合格で十分です。採点者にゆだねます。

次に7月8日日曜日分です。

F群の西洋哲学史Ⅱは、ついに4回目の受験です。つまり、1年間受験を続けたことになります。過去には東洋史概説Ⅰで5回の落第を繰り返し、6回目で合格ということも経験しました。西洋哲学史Ⅱはそれに次いだ苦戦です。書いた内容に関しては、前回の反省を踏まえて、教科書を踏まえつつ、自分の言葉で書くよう、工夫などもしました。しかし困ったことに、今回は指示された文字数に1行足りませんでした。この1行が致命傷となるのか、それとも指示された行数の9割以上には達しており、あとは内容を評価してもらえるのか、現段階ではわかりません。

いずれの科目も、あとは結果発表を待つだけです。


●取得済み単位

総合教育科目 48単位(うちスクーリング相当4単位) 卒業要件クリア

文学部専門科目
一類(必修:28単位以上):25単位 卒業要件クリアまであと3単位
二類、三類:8単位

※専門科目全体(68単位以上):33単位 卒業要件クリアまであと35単位
※専門科目テキスト(40単位以上最大56単位):17単位 卒業要件まであと23単位

※スクーリング要件(15単位以上最大32単位):20単位 卒業要件クリア

獲得単位合計 81単位   残り35単位および卒論8単位


●テキスト通読およびレポート状況

ブログでの報告は忘れていましたが、論理学(L)のレポートで合格をいただき、無事に2単位獲得となりました。

現段階で、手元に残っている不合格レポートは、2016年課題で提出を続け、課題の期限が切れてしまった西洋哲学史Ⅰのみです。ただ、こちらはまだ提出締め切りまで時間があるので、5回目の提出はできる限り後回しにしたいです。

次回10月試験に向けてのレポート締め切りは、9月3日月曜日となっており、まるまる8週間あります。その間に、少なくとも新規レポート2科目分の提出を目指したいところです。

以上を踏まえて、今後取り組みたい科目は、各群ごとに以下のようになってます。

A群 当面の間履修科目なし。
B群 優先度高めで社会学史Ⅰへ。
C群 優先度低め。次は日本史特殊Ⅳか?
D群 最優先で史学概論へ。
E群 心理学Ⅰをじっくり。
F群 優先度かなり低めも西洋哲学史Ⅱの結果次第では日本史特殊Ⅰに逃げたい。

現段階で、テキスト科目に関しては、最低40単位の卒業要件のなかで、17単位まで獲得できました。残り23単位を獲得するには、レポート、試験どちらかを合格している4科目10単位のほかに、新規レポート7科目分13単位以上が必要です。そこに到達できれば、あとはスクーリング科目とテキスト科目どちらで履修してもかまわない状況になります。

今年に関しては、スクーリングを受講せず、テキスト履修に専念する腹をくくったつもりなので、なんとしても9月上旬までに2科目、そして10月試験ののち、11月下旬までにさらに2科目の新規レポート提出をできるようにしたいです。

心配なのは、レポートのクオリティが下がってしまい、不合格レポートがたまってしまう点と、予定が狂って結局9月上旬までに新規レポートが1科目しか提出できないみたいな状況になるかもしれないという点です。

コンスタントに各サイクル2科目以上の新規レポート提出ができるようになれば、卒業への展望がとても明るくなるのですが、科目試験に合格することもなかなか難関であることもふまえると、まったく楽観できる状況ではありません。


最後に、直近のスケジュールです。

2018年7月19日 週末スクーリング、夜間スクーリング履修申告締切
2018年8月5日 夏期オリエンテーション
2018年8月6日~25日 夏期スクーリング
2018年8月15日 秋期卒論指導申込締切(必着)
2018年9月3日 10月科目試験向けレポート締切
2018年9月10日 10月科目試験受験申込締切
2018年9月22日~ 週末スクーリング開始(私は未受講予定)
2018年9月24日~ 夜間スクーリング開始(私は未受講予定)
2018年10月13日、14日 10月科目試験

とにかく、着実に、テキスト科目のレポート書きを進めていきます。テキスト履修が進まなければ、卒論を考えることもままなりません。

« サッカーW杯ロシアで日本が決勝トーナメント進出 | トップページ

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。