« 嵐って、本当に活動再開できるのだろうか? | トップページ | 歌姫ってなんなん? 女性ボーカルってことでいいでしょ? »

2019年2月 8日 (金)

アセットアロケーションを続けるのにブログネタはいらない

そういえば、しばらくの間、当ブログで投資に関するネタを投稿していませんでした。

実は、Twitterでは年に1回、アセットアロケーションの現状報告をするなどしてました。

改めて、私が現在、自己資金においてどのような金融資産運用を行っているか、解説します。

基本は、アセットアロケーションです。国際分散投資です。

つまり、預貯金、国内債券、国内株式、海外債券、海外株式、REITその他に資金を適度に分散しつつ運用するというものです。

私の場合、アセットごとの比率はかなり適当です。おおざっぱに15~20%づつに分けてる感じですが、売買を最小限にすることも重要ですので、現状追認で大きくバランスを崩さなければOK、くらいの気持ちでいます。

ただ、上記の年末の段階での報告から比べると、2月上旬の段階で預貯金の割合を減らして、国内株式を増やしてます。

各アセットごとに買っているものは、次の通りです。

・預貯金 銀行普通預金、証券会社預け金、MRF
・国内債券 個人向け国債変動10年
・国内株式 高配当株、株主優待株、その他による多銘柄分散投資、およびつみたてNISA 
・海外債券 東証上場ETF、外貨MMF、外債
・海外株式 東証上場ETF、オープン型投資信託
・REITその他 東証上場ETFほか

以上のような感じでアセットアロケーションを行っています。

基本的には、どのアセットにおいても、個別銘柄選択のカギは配当利回りになります。

配当なり、分配なりで戻ってきたお金を、さらに自分で改めて投資することで、複利を利かせています。

特に、国内株式については以下にさらに詳しく書きます。

国内株式に関しては、コア戦略は高配当株を決算月別に購入し、必ず毎月配当金が受け取れるようにしています。

サテライト戦略として、株主優待付きの株式を買ったり、久しぶりに自身の相場観を試そうと成長期待株投資を少額だけしてみています。

株主優待だけで生活するというテレビ受けするような(ノン?)フィクションには乗りませんが、たしかに自分が楽しめる範囲で株主優待を活用するのはありだな、と改めて思いました。

以上のような運用を、週1回程度見直してます。特に国内株式に関しては、毎週、配当利回りが下がった銘柄を売り、配当利回りが高い銘柄を買う、というのを繰り返してます。

国内株式以外のアセットは、大きく比率が動いたもののみ、散発的に売買します。

という具合のシンプルなルールで、淡々と自分の好きな銘柄を選んでやってますので、あえてブログに細かく書くほどのことはないかなとも思ってます。

もちろん、もっと株式売買にのめりこみ、やれ株主優待を使いにいってきましたとか、株主総会に行ってきましたとか、時事報道と組み合わせてあの上場会社の株価はどうなるのだろうか、みたいなことを、アンテナ感度よろしくブログのネタにしていくのもよいかと思いますし、将来はそんなこともやるかもしれません。

ですが、アセットアロケーション運用でやると腹を据え、多くても週1回程度の売買で、調査する情報も配当利回り程度に絞っているおかげで、学業など他のことを考える時間もできるというものです。

当面は、少なくとも学業において卒業のめどが立つまでは、それほど手間のかからない運用で続けようと思います。

もっとも、アセットアロケーション運用なのに毎週何かしら売買するのは多すぎる、というツッコミも受けそうです。

« 嵐って、本当に活動再開できるのだろうか? | トップページ | 歌姫ってなんなん? 女性ボーカルってことでいいでしょ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。